ウワサのプリウスPHVとトヨタの充電器を見に行ってきました。
ひやかし客としては「試乗」を言いにくく「見に」行っただけで、弱気な私は車内見学止まりでしたが、補助金については聞いてきました。

電気自動車を買いたいなら急げ!いやPHVなら来年度?(2017/02/17)内で訂正したように、対応していただいた営業マンによれば、プラグインハイブリッド車は20万円の補助金が出るとのことでした。補助金受付期間の延長(2017/02/27)に書いたように、今年度分の申請書締切5月8日(月)17:00以降でしょう。5月頃から申請すれば20万円出るとのことでした。
そのことを知ったのはいつかと尋ねたところ、新型「プリウスPHV」が発売された2月15日頃とのことでした。補助額が記載されていた平成 29 年度「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」に係る補助事業者募集要領は2月9日に発表になっていますから、さすがトヨタです。
補助金受付期間の延長にも書いたように、すでに納車されているものがあるようです。ディーラーは補助金の情報を持っており説明をしても、5月を待てずに、補助金が激減してでも少しでも早く乗りたいと客がいるということなのでしょう。
(加筆:三菱の営業所で聞いたところ、2月始めに20万円へ補助金が上がることを聞いていたそうです。これで、三菱もトヨタも今年度内にプラグインハイブリッド車の補助金を申請しまうというトラブルはなさそうです。
それにしても、あくまでも私の憶測ですが、売り上げを上げるため、参入しやすくするためには、あらゆる方法を使って制度をも変えてしまうというやり方は、いかがなものかと思います)

トヨタの営業所のNCS(日本充電サービス)対応200V充電器は、もちろん三菱車でも充電することができました。(以下の写真)
なお、急速充電器をつける予定は聞いていないそうです。また、急速充電を繰り返すと電池の寿命を縮めるとの話がありましたから、そういった話を営業トークで繰り返してもらえると、急速充電器に並ぶプリウスPHVはなくなるかもしれません。

IMG_2242
IMG_2256
{カタログ:ハイブリッドの次は、FCV(燃料電池車)と言っていませんでしたっけ?}