道の駅「浅井三姉妹の里」(滋賀県長浜市内保町2843)に設置された急速充電器が、2017年3月15日(水)10時より使用できるそうです。(道の駅『浅井三姉妹の郷』のグランドオープンは2017年3月25日ですが、一部レストランや店舗などはすでに利用できます)
岐阜県(関ヶ原)と福井県敦賀市を結ぶ国道365号線上の中間地点にありますから、電気自動車ユーザーにとっては便利な充電場所になるでしょう。

充電器は、新東名の岡崎SAにあるのと同じJFEテクノス製RAPIDAS(ラピダス)です。この充電器は、リチウムイオン蓄電池(標準12kWh)を組み込んだもので、契約電力を小さくしたままで最大50kWの充電が可能となります。実際にはまだ使用できませんから確認できませんが、機器の銘板には125A出るとありました。
P1140892
P1140895
この周辺約5キロ圏内には、すでにコンビニや商業店舗に充電器がいくつか設置されていますが、市役所と日産のもの以外は、ほとんどが出力20〜30kwのものばかりでしたから、ありがたい機器になります。
NCS(日本充電サービス)のカードが利用できるのはもちろん、カードを持っていない場合は、エコQ電に対応しており、QRコードを読み取る方法で決済することもできます。(10分まで180円、以降1分毎に18円)
なお、4月16日(日)までは、無料開放するそうです。サービスと告知のためなのでしょうが、事務所で書類に記入等のない24時間開放にすると、むやみに充電を繰り返す人が出てくることがありますから、無料はやめたほうがよいと思います。
ただし、以下のように最初から待機スペースを設けてありますから、良心的な施工ではあります。
P1140891


P1120393
(新東名・岡崎SA 2016/05/20)