日産のリチウムバッテリーがキャンピングカーを変える?(2017/02/22)

以前紹介したリーフのバッテリーを搭載したキャンピングカー(2017/01/21)の続編です。
この記事によると、以前紹介したときとは仕様はずいぶんと違うようです。「市販を前提とした」車両や搭載バッテリーの容量も同じ12kWhでしたが、「1週間程度は持つ(予定)」というところから一歩下がって、「3泊4日程度は使えるのではないか」ということでした。エアコンや冷蔵庫、電子レンジを同時に使用することもあるキャンピングカーですから、仕方ないかもしれません。また、「NOTE e-POWERのようにエンジンで発電した電気をバッテリーに貯める」はずでしたが、走行充電はできず、100Vコンセントでの充電のみだそうです。それもリーフ24kWhグレードと同じ充電割合で、12kWh100V充電で8時間だそうです。同じ電池ですから、当然でしょうが。
「なんちゃって」電気自動車のNOTE e-POWERより、さらに電気自動車とは遠い存在になりましたが、同じ日産が作っているのですから、それぞれのユニットを結びつければ、真の電気自動車になる日も近いかもしれません。いずれにせよ、このような形でもバッテリーが使われることが増えて、電気自動車の価格の多くを占めるバッテリーのコストが下がることを期待します。

しかし、12kWhが「バッテリー代として150万円程度」というところは解せません。単純に倍とはいえないまでも、24kWhで300万円するはずがありません。リーフの希望小売価格は273万円なのですから。
日産はリユースバッテリーの関連会社も持っているのですから、そのようなバッテリーでも走行に使うわけではないのだから家電使用に十分だと思いますし、バッテリー価格も抑えることができるでしょう。
フォーアールエナジー