ホンダ、年内に米国で発売するEVとPHVは日本から輸出。どうなる対米投資(2017/02/17)
ホンダは年内にアメリカで発売する電気自動車とプラグインハイブリッド車を日本で生産するとする記事です。
「EVをやめたわけではない」(2017/02/02)で引用したように、燃料電池車(FCV)「クラリティフューエルセル」の電気自動車版「クラリティ エレクトリック」をアメリカで売り出すようですが、記事には「EVとPHVは日本発売も検討している」と踏み込んだ発言も書いていました。
電気自動車を買いたいなら急げ!いやPHVなら来年度?(2017/02/17)でも触れたように、もしも新年度にプラグインハイブリッド車へ一律20万円の補助金が出るようになれば、 需要が掘り起こされて発売は早まるかもしれませんし、ホンダのディーラーにも充電器が設置されるようになるかもしれません。

ただし、トヨタPHVの悪い前例がありますから、ホンダも「クラリティ エレクトリック」を急速充電対応にしながら、急速充電器は置かないということになれば、充電渋滞場所での混乱は必至です。