自動車関連大型受注に関するお知らせpdf(2017/01/17)
生産設備を製造しているという平田機工は、2016年7月から12月末までの間にバッテリーユニットなどを電気自動車メーカーから110億円強受注したと発表しています。
平田機工主要取引先には、日産と関係が深いカルソニックカンセイやトヨタ・日産・ホンダなどの名前がありますが、pdfには「電気自動車メーカー」とありますから、相手は「日産」のことでしょうか。もしそうであれば、次期リーフか軽EVにつながる設備投資かもしれません。