電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』を一部改良して発売(2016/12/21)
三菱は、『アイ・ミーブ』の内装・回生ブレーキ(パドル式)・充電中エアコンなどを改良・装備し、12月21日(水)から販売すると告知しています。
5034-1
(画像:三菱自動車のHPより)
車両本体のメーカー希望小売価格(消費税込)は、Mグレードで2,273,400円、Xグレードで2,624,400円ですが、それぞれ国からの補助金が115,000円と176,000円出ますので、差し引き額は、2,158,400円と2,448,400円となります。装備は充実しましたが、価格は思ったほど下がりませんでした。
アイミーブ(i-MiEV)
価格もですが、気になったのはその発売日です。同じ日に三菱「eKスペース」も発表されています。当然ながらOEMの日産「デイズ ルークス」も発表となっています。記事で少しでも大きく取り上げてもらうためには、最低でも1日ずらせば良いものを、なぜ同じ日なのでしょうか。
アイ・ミーブは月に10台前後しか売れていないニッチな車ですから、販売戦略にのらない取扱なのでしょうか。そんな車でもマイナーチェンジするのですから、将来「evKスペース」を出す布石なのでしょうか。「eKスペース」「デイズ ルークス」の電気自動車バージョンが噂されていますから、あえて同じ日に合わせてきたのかもしれません。
軽自動車『eKスペース』を大幅改良して発売(2016/12/21)
「日産デイズ ルークス」をマイナーチェンジ(2016/12/21)