札幌市の住宅火災、「原因はクルマではない」と消防局(2016/12/09)
2016年11月21日に札幌市で住宅が全焼した火災について、出火原因は「アウトランダーPHEV」にはなかったと札幌市消防局の調査結果を伝えています。
充電コードからの出火は確認できなかったそうですから、壁のコンセントか配線に原因があるとの見方を強め「調査中」だそうです。
アウトランダーPHEVの取扱説明書(pdf)にある、火災につながりそうな警告文(3-4)は下の通りです。
使用する前にコンセントにプラグが根元までしっかり差し込まれていることを確認してください。根元まで十分に差し込まれていない状態で充電を続けると異常発熱して火災の原因になるおそれがあります。

AC 200V•AC 100Vいずれの場合も,20A 以上の専用分岐回路に接続された EV充電用コンセントを使用してください。 また,電源回路には漏電遮断器を設置 し,コンセントにはアース接続を施してください。EV充電用以外のコンセン トを使用した場合,または専用の電源回路を使わない場合は配線の異常過 熱,ブレーカーによる電気回路の遮断, 他の電気機器への悪影響などが発生す ることがあります。

普通充電ケーブルの先にプラグアダプ ターなどを取り付けて他の器具と併用したり,延長コードを使用すると,コンセントが異常発熱して火災の原因になるおそれがあります。

AC100V コンセントにはプラグを差し込んだあと,時計回りに回して固定するタイプのものがありますが,これは屋外に設置される庭園灯 • 看板灯や,屋外で使 用される電動工具への給電などを意図して設置されたものであり,頻繁な抜き差し使用を行う電気自動車の充電用としては耐久性が充分でない場合があります。 こうしたコンセントを充電用に使用すると,大電流通電時にいちじるしく温度が上昇し,危険な状態になる場合がありま すので,使用しないでください。

これらから類推すると、火災原因に考えられることは以下の3点です。
  1. コンセントにプラグが根元までしっかり差し込まれていなかった
  2. EV充電専用の回路や専用コンセントを使っていなかった。また、アースもしていなかった
  3. たこ足配線をするか、延長ケーブルを使っていた

三菱の問合せページから、一刻も早く原因を突き止め、今後の安全のために原因を告知してほしい旨の要望を出しておきました。
PHV充電中の出火 2(2016/12/02)
PHV充電中の出火 (2016/11/22)