リンク: 米排ガス規制の見直し訴え=トランプ氏に自動車業界:時事ドットコム.(2016/11/11)

トヨタと三菱も加盟する米自動車工業会は、次期大統領のトランプ氏に対し、二酸化炭素を排出しない車を一定比率以上販売することを義務付けるZEV規制を含む制度の見直しを求める書簡を送ったと伝えています。

トランプ氏は、パリ協定の離脱も示唆しているそうですから、電気自動車にとって向かい風ですが、少なくとも反トランプ色の強いカリフォルニア州では、予定通り進むのではないでしょうか。

リンク: パリ協定が発効、長期目標が確定し、エネルギー転換が加速へ(2ページ目) - 日経テクノロジーオンライン.(2016/11/06)

パリ協定では、一層の省エネを進めつつも、化石燃料から低炭素電源へのエネルギー転換が対策の主軸になる。米カリフォルニア州が、普及を推進するエコカーの基準からハイブリッド車を外し、電気自動車(EV)や燃料電池車などゼロエミッションに近い技術だけに絞り始めたのは象徴的だ