リンク: 日産、中国市場に80万円の電気自動車投入へ 2年以内目指す 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.(2016/11/09)

ルノー・日産アライアンスのカルロス・ゴーンは、約80万円の新型電気自動車を、2年以内に中国市場に投入することを目指すと発表したと伝えています。

中国でもHVを今後は除外するなどCO2の排ガス規制がより厳しくなり、電気自動車へは補助金が多いことから需要が「爆発的」に増えていることや、いくら電池が安くなってきているとはいえ、大胆な価格設定です。

この量産計画が、日本での軽電気自動車と結び付くことを願っています。

リンク: 電気自動車ニュース: 軽EV、2017年発売.(2014/12/25)

リンク: ルノー、中国で政府の補助金を受ければ80万円程度で買える電気自動車の販売を計画 - Autoblog 日本版.(2016/11/10)


リンク: 薄い黒鉛シートを開発 大津の材料メーカー:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web).(2016/11/10)

ローカルニュースにこのような記事が載っていました。

電極に黒鉛が使われているリチウムイオン電池を、大型化しなくても容量を増やすことができるように、黒鉛を安く薄くしたシートを開発したそうです。

「伸長するハイブリッド車や電気自動車(EV)は、エンジン系をはじめ部品が少なくなるため、部品メーカーは対応が急務になっている」とも書いていますから、想像以上に需要が掘り起こされ、ヒット予想はもしかして当たるかもしれません。

リンク: 電気自動車ニュース: 「2017年ヒット予想」ランキング.(2016/10/30)