リンク: 倉敷市、三菱で公用車50台購入 買い替え前倒し、地場企業支援: 山陽新聞デジタル|さんデジ.(2016/07/12)

岡山県倉敷市と総社市は、三菱の軽乗用車を50台(「eKワゴン」30台、「eKスペース」20台)と14台それぞれ公用車として購入することを決めたと報じています。

燃費不正問題で生産が停止していたのが軽自動車「eKワゴン」などであったとはいえ、2008年のリーマン・ショック後に倉敷市が購入した軽自動車60台の中に、「アイミーブ」などの電気自動車10台があったのとは対照的です。

電気自動車は購入価格が高いですが、更新される公用車が購入後15年、走行距離10万キロ以上であるそうなので、それだけ乗ればガソリン車価格に近づき、メンテナンスコストも安いことからことからお得に乗ることができるでしょう。(現在の電気代・ガソリン価格で比較。電気自動車にオイル交換はない)

リンク: 電気自動車ニュース: 1万キロ走ったところ1kmで○円.(2012/06/29)

売る方に目を向けると、以下は関東三菱の7月16日から三日間の売り出しチラシですが、その中に電気自動車は一台も紹介されていません。唯一、中古車の中にアイミーブの写真を見ることができるだけです。もし、売る方に電気自動車を積極的に出す気がないのならば、買う方は選びようがないでしょう。

フォルクスワーゲンなどが電気自動車の販売に取り組もうとしている中、売り出す新型車両がないとはいえ、チラシの隅にも電気自動車がないとは寂しいかぎりです。

リンク: VWが新戦略「TOGETHER-2025」で新型EVを30車種以上投入! | clicccar.com(クリッカー).(2016/06/30)

リンク: GM、新型電気自動車シボレー「ボルト(Bolt)」の生産を10月に開始 キャデラック「ELR」は生産終了 - Autoblog 日本版.(2016/05/20)

P1130508