三菱の燃費不正問題は、一部車種についてのみ補償をおこなうことで収束しそうです。その不正の中に入っていた電気自動車は、「不適切ではあったが、違法までとはいえない」という感じでお茶をにごされてしまいました。「燃費を良く見せる」必要のない電気自動車.(2016/06/18)に書いたように、もともとは「燃費を良く見せる」必要がない電気自動車ですが、「不正」と肩書きがついたからには心穏やかではありません。そこで、一充電で何キロ走ることができるかの私的耐久走行テストをやってみました。

うちには、アイミーブ(i-MiEV)Mグレードとミニキャブミーブ・トラックの2台がありますが、アイミーブはいろいろな走行実例が出ていますので、今回は今年4月に8000キロ弱の走行距離で購入したミニキャブミーブ・トラックで試しました。(ミニキャブミーブ・トラック.2016/04/24)「電池残存率」は101.5%です。(2015年12月23日の測定結果)

P1110585

一周約4.4km、標高差約6m(Google Earth)の道をコースに設定し、ひたすら回りました。この間、3カ所一時停止の場所があり、直線での速度は時速50km前後で走りました。

車内温度は約30度ありましたが、空気抵抗を増やさないために窓はほぼ閉め切って走りましたし、電費を稼ぐためにエアコンは使用していません。また、タイヤなど装備はすべて購入したまま標準のもので、速度を一定に保つオートドライブなどはついていません。ただし、荷台には、厚さ4mmのゴムマットを敷いていますので、その分で16kg重くなっています。この日は時々小雨が降っていましたが、ほぼ風はありませんでした。

セレクターレバーは、航続可能距離を延ばすためにはECOポジションが推奨されていますが、ブレーキをあまり使わず回生ブレーキで電気を取り戻すために、Bポジション固定で走りました。

満充電時点で航続可能距離は、以下のように117kmと出ていました。ミニキャブミーブ・トラックは、JC08モードで110kmとなっていますから、最初の目標は100km走ることでした。

P1130479

運転は、普通?に走りました。アクセルをゆっくり踏む、減速は一時停止場所の前からブレーキを踏まない程度に速度を調節するくらいで特別?なことはしていません。田舎道ですから、時速50kmで走っていても後続車はまれですし、あおられることもありませんでした。(電気自動車でエコドライブをする方法は、電気自動車でエコドライブ | EVsmartブログ.(2016/07/08)にもあります)

一充電走行距離テストの結果は、ご覧の通りです。

P1130493

燃費マネージャー」のようにバッテリ残量数値を示すものがないので残りの電気を推測してしか走ることができず、最後は電欠まで走る覚悟でした。しかし、走行距離約102kmで亀マークが出た後、ミニキャブミーブ・トラックと同じ電池を積むアイミーブMグレードでの経験から、あと少なくとも10kmは走ることができると予想し走り続けたところ、なんと『112.9km』まで距離を延ばすことができました。当初の予定の100kmはおろかJC08モードでの110kmも越えてしまいました。まだもう少しは走ることが出来そうで、満充電時点での航続可能距離117kmを目指しても良かったのですが、JC08モード越えたことと電欠の不安も大きいので、ここまでにしておきました。

JC08モードは定められた試験条件での値ですから、普通は素人の運転で越えることはまずないのでしょうが、特別なことをすることなく越えてしまうところが電気自動車のすごいところです。「燃費を良く見せる」必要のない電気自動車は間違いないようです。

こういう車なのに、売り上げが伸びずに製造中止に追い込まれるとはさびしいことです。日産ブランドで仕切り直さないでしょうか。

(補足)

耐久走行テスト後に自宅で普通充電をした翌日は、満充電時、以下のような航続可能距離表示でした。128kmは、ミニキャブミーブ・トラックでは初めて見た数字です。(上の走行条件に書いたように下り坂のみを走った後の数字ではありません)

0709ev