リンク: 電気バス完全走行プロジェクト、2025年はオランダ全土に | FUTURUS(フトゥールス).(2016/06/06)

オランダでは、2025年までに公共バスすべてが電気バスに移行するという記事です。

最初の写真が何をしているところか気になりましたが、記事を読むと「各バス停での停車中にバスの屋根部分に設置された接続システム及びケーブルによる接続で充電」とありましたから、無線のように非接触で充電できるシステムではなく、電車のようにパンタグラフ状の物を伸ばして物理的に充電器に接続する方式のようです。

この方式を普通の電気自動車に採用するとなるとコストが大幅に増えてしまいそうですが、今後電池の大容量化にあわせた充電器の高出力化や、それにともなって充電ケーブルが太くなることを考えると、このような方法も考えられるのかもしれません。また、地面に触れているケーブルを持ち上げて、素手で片づけることに抵抗のある人たちにとっても、何らかの機械化は必要になるかもしれません。

リンク: 電気自動車ニュース: 大容量化のロードマップ.(2016/06/04 )

記事では、国土が狭い(九州とほぼ同面積)から長距離運行は少ないなど、いくつか理由を挙げて、オランダでの実現の可能性の高さを示していますが、そこにはオランダの地理的な特徴も加えることができるでしょう。

電気自動車は、モーターの性質上、坂道を力強く登ることはできますが、その分電気の消費量は多くなり、走行距離は短くなります。その点、オランダは一番高いところで標高323mだそうですから、電気自動車にとっては優しい国です。

リンク: 電気自動車ニュース: ガソリンとディーゼル車を販売禁止に?.(2016/04/16)

こちらは、ヘビのような動きで充電口に自動的にセットされる充電プラグ(Tesla Motors

Charger prototype finding its way to Model S
YouTube: Charger prototype finding its way to Model S

リンク: 【EV×バス】Eバスの最新開発状況 -日本編- - GoGoEV.(2016/06/08)

コメント頂いた「あきらけい」さんから宿題をいただきましたので、調べてみたところ、つぎのような 充電式トロリーバス.が上海市で実用化されていました。10年前の2006年に導入されていますが、問題点として「急速に充電できるものの放電も早い」ということだったので、今なら東芝のリチウムイオン電池「SCiB」が最適ではないかと思います。

また、スウェーデンでは、 パンタグラフで給電するバス:日本経済新聞.(2014/9/30)が2014年にも供給を開始と出ていました。オランダのものは、この流れをくむのかもしれません。