リンク: AESC、リチウムイオン電池のエネルギー密度を2018年めどに200Wh/kgに拡大 - 電動化 - 日経テクノロジーオンライン.

オートモーティブ・エナジー・サプライ(AESC)は、2018年をめどにリチウムイオン電池のエネルギー密度を200Wh/kgにまで高める計画を示したと報じています。 

現在の30kWh「リーフ」は、180Wh/kgのリチウムイオン電池で航続距離(JC08モード)280kmを実現していますが、更に容量を増やして約400kmまで延ばすことを計画しているそうです。(500kmを越えるという記事もありますが、容量を増やせば可能です)

日産インテリジェント・モビリティ.(2016/0302)に書いたように、「ニッサンIDSコンセプト」は60kWhの容量で550kmの航続距離を目指していますが、これは「2020年までに」としていますからちょっと先の話です。しかし、2018年となると次が発売されない三菱のアイミーブの受け皿ともなるかもしれません。

リンク: 電気自動車ニュース: 電気自動車をとりまく環境は6年以内にかわる.(2016/03/01)

オートモーティブ・エナジー・サプライ(日産とNECの合弁会社)

エネルギー密度を高めると「安全性の向上が課題となる」と書いている記事もありましたが、以下の全固体リチウムイオン電池は、電解質が液体でないため安全性は高まるそうです。

ホンダも関わっているこの電池は、2020年に製品化することを目指しているそうですから、ホンダの電気自動車は全固体リチウムイオン電池かもしれません。

電気自動車:日立造船が全固体リチウムイオン電池を開発、車載用に2020年に製品化 - MONOist(モノイスト).(2016/03/04)