リンク: 【エコプロダクツ15】エコカー乗車体験、一番人気はやはり MIRAI | レスポンス.

12月10日から12日にかけて東京ビッグサイトで開催された「エコプロダクツ2015」でエコカーの乗車体験がおこなわれ、トヨタ・MIRAI(ミライ)の人気が抜きんでていたという記事ですが、新しい車に乗ってみたくなるのはあたりまえと言えばあたりまえの話で、それよりも、この記事で気になったことは、6台用意されたエコカーの中にホンダの『フィットEV』が含まれていたことです。

その6台とは、トヨタ自動車の『MIRAI(ミライ)』、スバルの『インプレッサ スポーツ ハイブリッド』、ホンダの『フィットEV』、マツダの『CX-3』と『デミオ』、三菱自動車の『アウトランダーPHEV』です。

ホンダは、『フィットEV』も「アコードPHV」も現在は生産を終了していますから、出すとしたらハイブリッド車だったのでしょうが、なぜか『フィットEV』となっていました。

乗車体験後に「この車が気に入ったので買いたいのですが」という会話があったとしても「作っていません」という返事しかできないという何ともおかしな設定ですが、2020年 ホンダ 電気自動車を発売(2015/12/04)に向けての市場調査の一環としての提供だったのかもしれません。