リンク: ホンダ、マーシャル諸島でEV充電関連技術の社会実証実験を開始 | レスポンス.

ホンダは、マーシャル諸島共和国で、『フィットEV』3台と太陽光発電に対応したAC普通充電器「ホンダ パワーチャージャー」4台を導入した社会実証実験を開始すると伝えています。

マーシャル諸島では、日本国内の島と同様、エネルギー源をほぼ持ち込まれる石油に頼っているでしょうから、太陽光発電と組み合わせた電気自動車は、コスト削減はもちろん、「島」という限られた範囲を移動する手段として最適でしょう。

フィットEVは、急速充電が他の電池よりも短時間で済む東芝のリチウムイオン電池「SCiB」を載せていますから、長距離を走ることのない島内では更に有利でしょう。(普通充電のみの環境かもしれません)

ホンダは国外ではこのような計画を進めるのに、国内で電気自動車販売に後ろ向きなのは、燃料電池車を全面に押しだしたいという経営方針だからでしょうか。

リンク: ホンダ、マーシャル諸島でEV実験 太陽光で燃料消費減らす  :日本経済新聞.(2015/10/19)