リンク: 日産ゴーンCEO、韓国LG化学の電池採用を検討 - WSJ.

ウォール・ストリート・ジャーナルは、日産のカルロス・ゴーンとのインタビューで、将来日産は韓国LG化学の電池の採用を検討していると伝えています。

「リーフ」は現在、同社とNECの合弁会社オートモーティブ・エナジー・サプライが製造する電池を採用していますが、次期リーフで航続可能距離を大きく伸ばすとしていますから、その電池はLG化学製の電池を念頭に置いているのかもしれません。

価格の安い電池を今の24kWhよりも多く積むことで、航続距離を伸ばしつつ車両価格を抑える作戦かもしれません。

バッテリーをアップした日産「リーフ」?(2015/07/10)

「電動車両第2世代」の投入を待つ、充実した国内充電インフラ(2015/07/08)