かねてから噂さのあったアップルの電気自動車は、ホンダの「S660」をベースにガソリンエンジンをモーターに置き換えて開発されているようです。

L_s660_20150330_2 ↑「S660」(出典:ホンダ)

「S660」はエンジンを中央に置き、カーブでも姿勢を安定させていますが、アップルの「 iCar660」は置き換えたモーターに加えリチウムイオン電池を床面に敷くことにより、重心を低く抑え姿勢をより安定化させているそうです。

現在、電気自動車「モデルS」を発売する米テスラモーターズも初期には、イギリスの自動車メーカー・ロータスが製造するスポーツカー「ロータス・エリーゼ」にEVシステムを組み込み製作していた例もあり、これにならってアップルもホンダの「S660」を電気自動車化するつもりのようです。

カリフォルニアのZEV規制(ゼロ・エミッション・ビークル)強化は2018年からですが、既存の車体を電気自動車化することができたら、アップルの電気自動車も案外早く走るかもしれません。

情報元