リンク: 大鹿がEV用急速充電器を設置 « ミナミシンシュウ.jp.

大鹿村は、急速充電器を役場駐車場に設置し一般開放を始めたと伝えています。長野県飯田市を含む下伊那地域では初めての設置だそうですが、以下の長野県ビジョンリストを見るとこれからは徐々に設置が進みそうです。

地方自治体(高速道路)のビジョン検索

国の補助制度を利用して設置費約1000万円を工面したとはいえ、これからの維持費の捻出の方がたいへんかもしれません。観光客のためとはいえ、村内のEV車両は公用車の1台のみで、3月末から5月始めまでに5台しか実績がないからです。

(コメントにも書きましたが、よく調べてみると飯田市以外で大鹿村周辺には急速充電器がありませんので、貴重なポイントだということがわかりました。公費で設置することへの是非はありますが、重要な充電場所になりこれはありがたいことです)

この記事でも「プラグインハイブリッド車(PHV)」が取り上げられていますが、大鹿村役場の充電器には200Vのコンセントはないようですし、急速充電器に対応しているのは、三菱アウトランダーPHEVだけですから、記者が誤解しているか役場の担当者の説明が十分ではないのでしょう。以下でも書きましたが、プラグインハイブリッド車には、2種類の車が存在しますから正確な情報を記事にしてしてほしいものです。

電気自動車ニュース: ファミリーマート全国500店に急速充電器設置(2014/04/28)