リンク: 【三菱 アウトランダー PHEV 発表】動力性能も価格もV6モデル並みのパーシャルEV | レスポンス.

(アウトランダーPHEVは)航続距離や充電待ちを気にすることなく「本格EV」を保有してみたいというユーザーにはうってつけのモデルと言えると伝えています。

量産効果などによる電池価格の低下によって,車両価格は同じでもより多く電池容量を確保することができ,こうした電池容量を多くし,よりEVに近づけたプラグインハイブリッド方式の車がこれからは増えてくるのでしょう。電池性能が上がり,電池だけで300km程度の距離をあたりまえに走ることができるまでは,EVは「普通の車」にはならないのかもしれません。

リンク: 【三菱 アウトランダー PHEV 発表】実質290万円の最安グレード「E」はお買い得? | レスポンス.(2012.12.31)