リンク: ホンダ、「フィットEV」が日本最高の電費性能をマーク.

一充電走行距離で225kmを達成

バッテリーは東芝「SCiB」が20kWhだそうですから1kWhでどれだけ走ることができるかという電費は,フィットEVで11.25km/kWh,リーフは24kWhで200kmですから8.33km/kWh,i-MiEV Gグレードは16kWhで180kmですから11.25km/kWhです。

ですからフィットEVはi-MiEV Gグレードとともに効率が良さそうですが,i-MiEV Mグレードは10.5kWhで120kmですから11.43km/kWhです。i-MiEV MグレードもフィットEVと同じ東芝「SCiB」バッテリーを使っていますから似たような値になるのでしょうが,軽自動車で軽い分,効率もよいのかもしれません。フィットEVが「最高」というのは「普通車で」です。

三菱 日産 ホンダ
車名 iMiEV G LEAF フィットEV
1充電走行距離(km) 180 200 225
モード JC08 JC08 JC08
バッテリー容量(kWh) 16 24 20
電費(km/kWh) 11.25 8.33 11.25
充電時間(100V) 14 16  
充電時間(200V) 7 8 6
急速充電(分) 30 30 20
最高出力(kW) 47 80 92
最大トルク(N・m) 180 280 256
最高速度(km/h) 130 140 144

値段が気になるところです。当面は自治体や企業に向けたリース販売を中心としているそうですが,「中心」ということは個人へのリースもあるのかもしれません。ただし,日経では一般販売はしないと断言しています。

ホンダのニュースリリースには「都市向けコミューター」という文字はないですが,「Car Watch」の記事にある「都市向けコミューター」の語句は記者が書き加えたのだろうけれど,この性能なら「田舎」でも十分通用します^_^;

smartのEV予約開始(2012/06/14)