電力会社は停電対策の一つとして,電気自動車(EV)を大量に購入することを決めました。

大容量のバッテリーを積むEVは,1台に一般家庭2日分の電気を蓄えることができ,停電時にもEVの電気を使うことで安定した電力を得ることが可能となります。そこで,他の電力会社で充電をしたEVを停電が予想される管内に移動させ,電力不足を補う計画を作成中です。ただし,この計画には大量のEVが必要となるため,三菱自動車や日産自動車などすでにEVが市販されている国内メーカーはもとより,海外などのあらゆるメーカーと交渉を始めている模様です。

この計画が順調に進めばEVの大量生産が進み,EVの課題の一つである高価格化が解消される見込みです。また,大量のEVを都市部をはじめさまざまな場所に配置することにより,大量の電気を蓄えたEVはダムのような存在となり,電気の大規模な貯蔵が可能となることから原発の必要性が薄らぐことでしょう。さらにそれらのEVが電力供給の調整弁となるために,発電が天候に左右されその不安定さが指摘される太陽光発電の推進にも貢献するものと考えられます。
プレスリリース