「電気自動車ニュース」は、EVオーナーズクラブ(EVOC)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

SankeiBiz

急速充電器や200ボルト化など高圧受配電設備などのEV対応の設備投資が、導入費用だけで1000万円、年間コストも186万円にのぼると試算。これに 対し、ガソリンであれば約5分の給油で4000円超の日銭が稼げるが、充電収入は1台当たり400~500円程度と10分の1に落ち込み、費用対効果の面 からも「EV対応だけでは採算がとれない」

現在の価格で計算していますが,2020年には急速充電器などは中国製品などによって飛躍的に安くなっているのではないでしょうか。ガソリンは逆に高くなっているでしょう。

日産自動車

日産とヒューストン市は、リライアントエナジー社と共に、公共の充電インフラ以外に、家庭や職場での充電を可能にするインフラの整備を推進していく。ま た、法制度の制定を通して、充電インフラ整備の効率化に協力して取り組んでいく。日産は、ヒューストン市およびその周辺地域にEVを投入

↑このページのトップヘ