「電気自動車ニュース」は、EVオーナーズクラブ(EVOC)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

中央日報

電気車の内装と仕上げの水準は90年代序盤の国産車モデルと似ているという評価を受けた。 旧型サンタフェとデザインが似た5ドアタクシー(モデル名ZAPタクシー)は最高時速112キロで、リチウムイオンバッテリーを一度充電すれば160キロ 走行できると会社側は説明した。 価格は3000万ウォン(約230万円)程度

ECO JAPAN

並列に20 個、直列に7個の合計140個接続した電池モジュールを、電気自動車なら14個・・・電気自動車用であれば、コストは従来の大型専用リチウムイオン電池と比べて、50%以下になる」と自信を見せる。モジュールの販売価格は5万〜10万円に抑え、将来的には5万円以下に

1モジュールが10万円として,14モジュールで140万円。コスト削減に期待したいです。

毎日新聞

全長約7メートルの低床小型バスに、携帯電話やパソコンのバッテリーにも使われるリチウムイオン電池を搭載した。電気自動車用の急速充電装置で充電する。29人乗りで、1回の充電で走行できる距離は約68キロ

路線バスですので,走行距離は短くても大丈夫なのでしょう。

路線バス初の電気自動車出展 新型充電器も EVジャパン展」朝日新聞

朝鮮日報

充電所を、公共機関や大型スーパー、駐車場、ガソリンスタンドに設置することを決定した。知識経済部の関係者は「2030年には電気自動車を240万台普及させる」と語った

政府としての方針がこのように大切なのかもしれません。

↑このページのトップヘ