「電気自動車ニュース」は、EVオーナーズクラブ(EVOC)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

ECO JAPAN

並列に20 個、直列に7個の合計140個接続した電池モジュールを、電気自動車なら14個・・・電気自動車用であれば、コストは従来の大型専用リチウムイオン電池と比べて、50%以下になる」と自信を見せる。モジュールの販売価格は5万〜10万円に抑え、将来的には5万円以下に

1モジュールが10万円として,14モジュールで140万円。コスト削減に期待したいです。

毎日新聞

全長約7メートルの低床小型バスに、携帯電話やパソコンのバッテリーにも使われるリチウムイオン電池を搭載した。電気自動車用の急速充電装置で充電する。29人乗りで、1回の充電で走行できる距離は約68キロ

路線バスですので,走行距離は短くても大丈夫なのでしょう。

路線バス初の電気自動車出展 新型充電器も EVジャパン展」朝日新聞

朝鮮日報

充電所を、公共機関や大型スーパー、駐車場、ガソリンスタンドに設置することを決定した。知識経済部の関係者は「2030年には電気自動車を240万台普及させる」と語った

政府としての方針がこのように大切なのかもしれません。

三菱自動車〜EV青色防犯パトロールカー10台を納車〜

さいたま市が進める「E-KIZUNA Project」*1を共同で推進していくことに合意するとともに、さいたま市に新世代電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』を10台納車したと発表した・・・さいたま市の全区に「青色防犯パトロールカー」として使用される・・・
  • 小中学校でのEV教室

防犯パトロールカーの車体は赤や緑,青,ピンクなど、それぞれの「区の色」に塗り分けられていてカラフルです。小中学校でのEV教室を益子修社長は「2〜3年間に10校程度を考えている」と述べたそうですが,市内の学校数(2009年5月1日現在159校)からいっても少なすぎるのではないでしょうか。

↑このページのトップヘ