2007年より気になった電気自動車関連のニュースを、コメントとともに書きとめています。記事によっては、時間がたつとリンク切れする場合があります。

日産自動車、日本電動化アクション『ブルー・スイッチ』の活動を加速
2019年度末までに、30を超える自治体や企業と電気自動車を活用した災害対策で連携(2019/08/30)

災害時に電動車を迅速に提供できる体制構築に向けて全国の自治体と連携(2019/08/30)

日産自動車は、地球温暖化や災害対策等の課題を解決するための活動、日本電動化アクション『ブルー・スイッチ』の取り組みの一環として、今度末までに約30の自治体や企業と電気自動車活用で連携すると発表していました。また、 三菱自動車は、災害発生時に電動車を被災自治体へ速やかに提供する「DENDOコミュニティサポートプログラム」を推進していくために、2022年度を目標に、全国の自治体と災害時協力協定を締結していくと発表していました。
スクリーンショット 2019-09-03 18.02.21
(画像:日産のニュースリリースより引用)

2011年の東日本大震災では、製油所や出荷施設・タンクローリー・ガソリンスタンドなどが被災したことによりガソリン不足は1ヶ月ほど続きましたが、電気は4日目でほとんどが回復していたようです。そういった状況の中で日産では当時、約60台のリーフを現地へ送っていますし、三菱自動車も『アウトランダーPHEV』や『i-MiEV』などを無償で貸与しています。

そうした経験を元に今回の発表になったと思われますが、三菱自動車の発表はあくまでも『アウトランダーPHEV』を使ったサポート体制であり、その中に『i-MiEV』が含まれていないのは、さびしい限りです。

問題は、限られた数のリーフなどをどのように配置するかでしょう。たとえば、滋賀県彦根市には指定緊急避難場所が63箇所あるそうですが、現状ではすべての場所の要請に応えることができないことはすぐに予測できます。ですから、公用車の更新のたびに少しずつ電動車に置き換えていくなど、自治体としても取り組むべき課題はありそうです。

いつやってくるかわからない災害に対する事前準備は必要であり、それには発電機のようなメンテナンスがいらない電気自動車は最適だと思います。

災害に備えて<2018/09/08>

電気自動車=動く「蓄電池」<2018/09/27>

メディアがなぜか書かない、日産とリーフの「いい話」
日産×SUPER GT編 その3 ( 2019/09/02)

日産星野副社長「なるかもしれませんよ(笑)。今の段階では何とも言えませんけれど」

「GT-RのEV化を示唆」と著者に言われ、あわてて否定する日産の広報が面白い。

たくさんある選択肢の中にEVもあるということだけれど、テスラやジャガーの「I-PACE」などを横目で見ていると、EV化を真剣に考えることもあるということでしょう。
スクリーンショット 2019-09-02 8.22.44
(画像:日産GT-RのHPより引用)

買うならどっち?ジャガー「I-PACE」VSテスラ「モデル3」世界基準の最新EV対決 (2019/08/31)

ポルシェ、初のEV「タイカン」発表 761馬力2170万円(2019/09/05)

三菱自動車 2019年7月単月 生産・販売・輸出実績(2019/08/29)

2019年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報(全国軽自動車協会連合会 - 統計資料)

生産終了になったアイ・ミーブの 軽規格 Xグレード(16.0kWh)は、今月も0台です。いよいよ終了のようです。

アイ・ミーブ
普通車は少し増えて16台で、発売以来一ヶ月の販売台数で最高です。

アウトランダーPHEVは昨年同月(330台)より増えて423台でした。

ミニキャブ・ミーブは、昨年同月(30台)以上に売れて59台でした。日本郵便がEV 1200台導入(2019/03/27)しますから、11月に200台という発表でしたが、その試行納入が始まったのでしょうか。
1
2009年11月から2019年7月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値を含む)

アイM軽

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

アイM普通

国内販売総数

10814

7033

50539

97

↓2019年度合計

0

84

1442

27

03月
0 0 0 0
02月
0  0 0 0
01月
0  0 0 0
12月
0  0 0 0
11月
0 0 0 0
10月
0  0 0 0
09月
0  0 0 0
08月
0 0 0 0
07月
0 59 423 16
06月
0 14 439 8
05月
0 4 355 3
04月
0 7 225 0


アイM軽

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

アイM普通

↓2018年度合計

43

296

6780

70

03月
5 4169610
02月
2 484585
01月
2 1644913
12月
0 76839
11月
0 339130
10月
3 1955710
09月
3 2112474
08月
5 216787
07月
2 303303
06月
11314055
05月
881974
04月
2211670
(2018/03 アイ・ミーブ 軽自動車規格の製造中止)
(ミニキャブミーブ・トラック掲載中止。2016/03製造中止。
 2012年の発売以来国内販売総数1018台

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2017年度合計

167

285

4951

3

03月
1531665-
02月
1226
576
-
01月2430585-
12月
1415343-
11月
2018235-
10月
1416237-
09月
1317568-
08月
1216293-
07月
10302801
06月
1332487-
05月
13354001
04月
7192821

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2016年度合計

145

205

3625

43

03月
14378464
02月
30
66
459
2
01月31111904
12月
216244-
11月
753114
10月
11
2
486
8
09月
2
4
(未発表)1
08月
7
3
151
3
07月
10
11
261
2
06月
1521
253
9
05月
10
20
174
3
04月
6
9
250
3
アイ・M
ミニキャブ・M
アウトランダーPHEV
M-トラックは2016/03をもって製造中止
↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月
10
8
955
6
02月
39
71
1317
20
01月
31
23
801
6
12月
35
21
518
11
11月
23
27
814
8
10月
21
26
1145
4
09月
73
57
1896
15
08月
68
44
1313
9
07月
73
32
2383
9
06月
59
51
221
19
05月
38
45
289
14
04月
19
18
188
5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月
60
44
796
22
02月
82
52
603
25
01月
84
84
830
20
12月
70
57
608
22
11月
92
76
558
22
10月
102
93
538
18
09月
97
110
1450
6
08月
51
87
457
10
07月
102
124
700
4
06月
41
17
1300
14
05月
25
12
563
10
04月
18
25
226
8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月
130
124
736
30
02月
238
98
1630
16
01月
55
42
1298
17
12月
82
59
1488
9
11月
66
92
1705
9
10月
75
93
560
15
09月
95
137
772
21
08月
54
71
776
9
07月
68
93
-
14
06月
70
79
-
9
05月
62
71
-
7
04月
100
71
3
25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月
358
344
1719
269
02月
377
317
2079
167
01月
79
58
506
48
12月
137
121
11月
189
133
10月
141
128
09月
212
197
08月
86
107
07月
157
200
06月
288
256
05月
142
134
04月
39
31

アイ・M

ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552

1927

三菱発表 2012/03
国内外 累計:26000

03月
117
123
02月
446
590
 
 
01月
341
467
 
 
12月
359
747
 
 
11月
326
MINICAB-MiEV
12月販売 
 
 
10月
244
 
 
 
09月
340
 
 
 
08月
207
 
 
 
07月
61
Mグレード販売
 
06月
40
 
 
05月
34
 
 
04月
37
 
 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 
 
03月
102
震災
 
 
02月
321
 
 
 
01月
219
 
 
 
12月
164
 
 
 
11月
172
 
 
 
10月
179
 
 
 
09月
277
 
 
 
08月
221
 
 
 
07月
383
 
 
 
06月
390
 
 
 
05月
53
 
 
 
04月
61
個人販売
 
 

アイ・ミーブ

 
 
 

↓2009年度合計

748
 
 
 
03月
101
02月
151
01月
188
12月
145
11月
163
(これより以前のデータはなし。「i-MiEV(アイミーブ)」は2009年7月23日から法人販売)

【重要】NCS後継予定会社の設立と今後の対応のご案内(2019/08/27)

日本充電サービスは、新たに設立される株式会社「e-Mobility Power」への事業承継に向け今後検討を進めていくと発表していました。

日本充電サービスの事業承継時期は未定だそうですが、「e-Mobility Power」自体は2019年10月1日に設立する予定だそうです。

日本充電サービスは、2014年にトヨタ、日産、本田技研、三菱自動車、日本政策投資銀行、東京電力エナジーパートナー、中部電力が出資してできた合同会社ですが、新しい「e-Mobility Power」は、東京電力ホールディングスと中部電力のみが出資するそうです。

電力会社のみが出資する形に移行する理由は説明されていませんが、一部のトヨタを除いて日産など各自動車ディーラーに急速充電器が普及しつつあるので、自動車会社自らが出資するという役割を終えたと判断されたからかもしれません。

もしくは、日本充電サービスが発行する充電カードは、出資社のカードと差別化を図るためにか出資する自動車メーカーのものよりも割高なので、海外メーカーにとっては不利でした。その日本の自動車メーカーが抜けることにより、「誰もが、リーズナブルに充電できるサービス」の実現を図るためなのかもしれません。

東電と中電が共同出資会社 EV用充電機器事業で (2019.8.27)には、「充電機器の設置を加速していくほか、新しいサービス提供なども検討していく」とありました。

スクリーンショット 2019-08-28 21.30.28
 

アイミーブ、ミニキャブミーブにお乗りの方へ「i-MiEV、MINICAB-MiEVの車載充電器について」に関わって調査協力のお願いしたところですが、ディーラーでの交換時に別のベースモデル用車載充電器が、今回不具合の出たアイミーブMグレードに間違って付けられてしまったということだったようです。(加筆修正済み)

アイミーブMグレードで車載充電器を交換した場合は、充電開始画面で「12MiEV用」または、「充電開始」を押すと充電することができますが、今回の場合、充電を始める時にモード1(Mode1)を選ばないと充電できませんでした。

詳しくは以下リンク先のページをご覧ください。
「MiEVの車載充電器サービスキャンペーン」で交換された方の調査ご協力ありがとうございました!(2019-08-27)

お騒がせし申しわけありませんでした。

気にかけていただいた方々、お礼申し上げます。

↑このページのトップヘ