2007年より気になった電気自動車関連のニュースを、コメントとともに書きとめています。記事によっては、時間がたつとリンク切れする場合があります。

再生可能エネルギーをワイヤレス充電 千葉県館山市でMaaS事業の実証第二弾を開始( 2020/05/21)

出光興産(出光昭和シェル)は、千葉県館山市で超小型EVを活用したカーシェアリング事業「オートシェア」の実証実験を開始ししたと告知していました。

使用されている超小型EVは、タジマモーターコーポレーションの「ジャイアン」(税込1,749,000円)です。

特徴的なことは二つあり、一つは車両を充電するカーポートにソーラーフロンティアの軽量CIS太陽電池を設置し、それで生み出された電気で充電を行うことにあります。

もう一つはワイヤレス充電です。カーポートにダイヘンが開発した非接触充電設備を利用しているそうです。
スクリーンショット 2020-05-26 16.46.35
(画像:出光興産のHPより引用)

ダイヘンの超小型EV向けワイヤレス充電システムは送電電力が700Wだそうですから、100Vで安定的に充電しようとすると1000Wぐらい出力する太陽光パネルが必要ですが、このワイヤレス充電システムは200Vですし、カーポートの屋根の大きさからすると全量をまかなうには少し難しいかもしれません。

充電していないときには蓄電し、そこから補うのでしょうが、蓄電のための電池を大きくするとコストがかかってしまうので、どのくらいが適量なのかを知る意味もこの実証実験にはあるのかもしれません。

太陽光発電の100Vで充電 その2 書き直し(2020/01/17)

 
(2019年8月より岐阜県飛騨市・高山市で行われている第1弾の実験例) 

『UX300e』はバッテリーを温度管理(2020/05/15) で『UX300e』のバッテリーに温度管理機能がついていることを取り上げ、欧州レクサスの電気自動車『UX300E』のバッテリーは「10年100万キロ」保証付き (2020/05/14)の記事により空冷だと書きました。

その空冷に使用しているのは、 豊田自動織機の開発した電気自動車用大型電動コンプレッサーかもしれません。

豊田織機、EV向け冷房力4割増 大型コンプレッサー開発 (2020/05/21)

記事によるとバッテリーを冷却するため、エンジン車よりも高い冷房機能を持ち、「静粛性」や「長寿命」を達成しているそうです。

レクサス初のEV『UX300e』、バッテリー保証は100万km…年内に欧州で発売(2020/05/11)
スクリーンショット 2020-05-14 17.11.02
(画像:レクサスのHPより引用) 

トヨタ『LQ』を発売?(2020/05/20)で、「全国のトヨタディーラーにくまなく急速充電器が設置されるでしょう」と書いたり、 ホンダe は売れる?(2020/05/12)で今年発売予定のホンダeにふれたりしたので、現状はどうなっているのか調べてみました。

調べ方は、電気自動車充電スタンド情報を掲載するGoGoEVで、直近1年に更新された充電スタンドを掲載している「新着充電スタンド一覧」から、自動車関係のところを中心に店舗数とスタンド数を抜き出す方法でです。ただし、下にまとめたように、1店舗に複数の充電器を設置しているところもありますから、店舗数と各充電器の合計が合わないところもあります。
スクリーンショット 2020-05-20 14.25.49
店舗数だけでいうと、確かにトヨタのディーラーへの設置は進んでいますが、プリウスPHVしか販売していない現状では、急速充電に対応しているといっても、店舗には200Vの普通充電器のみというのが現実的なのでしょう。
ただ、トヨタ『LQ』を発売?には2021年には発売かとありましたから、純粋の電気自動車に急速充電器は必要です。このような設置の現状では来年度の発売は難しいのではないかと思います。

充電インフラの整備は重要(2019/05/17)で「ホンダのディーラーに急速充電器が設置されつつあると、地図を示しながら書きましたが、その後聞いた話では、2020年の夏までには全店に設置する計画のようです」としていました。しかし、急速にブレーキがかかったようで、設置は進んでいません。
伝え聞いた話では、設置予定が急速充電器ではなくなり普通充電器に変わったという店舗もあるということでした。

今年度中にホンダeが発売されるとウワサされていますが、このような状況もありこちらも先延ばしなのかもしれません。

ホンダの充電インフラ整備(2019/05/19)

表を見ると分かるようにジャガー・ランドローバーが限定された販売店の中でも積極的です。また、テスラは充電拠点は少なくても1カ所に8基などと集中的に設置するので、設置数は多くなっています。一充電の航続距離が長いので、このような集中方式が可能であり、充電渋滞を起こさない方策なのでしょう。 

なお、日産や三菱はすでに行き渡っているので新規は少ないと考えられます。 

トヨタ LQ(2019/10/11)で紹介したトヨタの東京モーターショー2019コンセプトカー『LQ』ですが、今秋に市販化への発表があり、2021年に発売されるのではと予想していました。

トヨタの近未来EV『LQ』市販化へ!? 発表は今秋、発売は2021年か…デザインを予想(2020/05/19)

リチウムイオン電池54.3kWhで一充電航続距離は約300kmという予想ですからリーフよりも性能では劣りそうです。が、そうした性能よりも、発売されるとなれば、全国のトヨタディーラーにくまなく急速充電器が設置されるでしょうから、そちらの方が魅力的な話です。

2020東京オリンピック・パラリンピックで全固体電池を載せた電気自動車を走らせる予定だったトヨタですから、いくら電気自動車に消極的とはいえ、そろそろ動きがあっても良さそうです。

トヨタにとっての電気自動車(2020/05/04)

トヨタで2題(2019/12/29)

「奇策」ではない「戦略」(2019/11/12)

『UX300e』はバッテリーを温度管理」の記事でトヨタがメインバッテリーの保証を「10年間または走行100万km」としていると書きました。

レクサス初のEV『UX300e』、バッテリー保証は100万km…年内に欧州で発売
(2020/05/11)

日産リーフの保証は「8年16万km」ですから、いきなり100万kmと言われてもトヨタのはホンマかいな、と疑ってしまいますが、テスラの最新バッテリーは、それが「100万マイル」(160万km)というのですから驚きです。

テスラが長寿命低コストのバッテリーを開発中、EVの価格をガソリン車と同等に (2020/05/15)

「保証」と書いているわけではありませんが、「100万マイルの使用に耐え、低コストで生産できる」というのですから、バッテリーの劣化を心配することなく長く乗り続けることができ、中古車価格も維持されるでしょう。そして、それは「同等のガソリン車と同じかそれ以下の価格でEVを販売できることを意味」しています。
56
(画像:テスラ社HPより引用) 

え、これ買っても大丈夫? 激安10万円台続出!! 日産リーフの中古車相場と注意点 (2020/05/17)

↑このページのトップヘ