「電気自動車ニュース」は、EVオーナーズクラブ(EVOC)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

マツダ、19年以降のEVでロータリーエンジン活用(2017/04/28)

マツダは、「開発中の電気自動車(EV)で、ロータリーエンジン(RE)を活用した航続距離延長装置の搭載を検討していることを明らかにした」と報じています。

しかし、このことはすでに以下のような時点で伝えられており、真新しいことではありません。
マツダ、EV航続距離延長にロータリーエンジン活用 (2013/12/20)
マツダ デミオEV+レンジエクステンダー(2014/01/10)
マツダ、北米へEV・PHV トヨタと開発検討(2016/11/17)

昨年のマツダのEVは2019年(2016/12/17)のインタビュー記事中で述べられていた「EV」が、純粋のEVではなくて、ロータリーエンジンを搭載したレンジエクステンダーEVであったことがハッキリとしたということでしょう。
レンジエクステンダーEVとは基本的な構造が同じ、シリーズハイブリッドのシステムを採用した日産のノートe-POWERがよく売れているのですから、採用されやすかったのではないでしょうか。
ただ、上に引用したようにレンジエクステンダーは3年以上前から開発を続けているのですし、デミオEVは4年以上前からの走行データがあるのですから、レンジエクステンダーEVの発売が2019年になるというのには理解に苦しみます。

シリーズハイブリッドとレンジエクステンダーEVの違いは?(2017/02/16)

日産販売会社、日産自動車および日産レンタカーの各事業所に設置されている充電スタンド(急速充電)のゴールデンウィーク休暇期間中の稼働状況

関西地区を例にあげると、京都や大阪など各府県のほぼすべての充電スタンドが5月7日(日)まで24時間利用可能です。ただし、日産プリンス彦根店や日産大阪伊丹店などごく一部の店舗で、5月4日(木)頃まで使うことができないところ、営業時間内でのみ充電可能なところ等があるので、このリンク先か、充電スタンド紹介アプリなどで、事前にご確認ください。
(コメントいただいて加筆しています)
 

マイカー規制 EV除外…スバルライン(2017/04/26)

7月10日(月)から9月10日(日)まで山梨県富士河口湖町から富士山5合目とを結ぶ有料道路「富士スバルライン」で行われる夏のマイカー規制から、電気自動車と燃料電池車とを外す方針だと報じていました。

電気自動車などは、排ガスを出さないため除外されるのが本筋でしょうが、普及台数が少ないために渋滞への影響も小さいと判断されているところは、少々さびしいことです。しかし、電気自動車のメリットとして堂々と走ることができるのですから、機会があればぜひ走ってみたいものです。

富士山須走口へ(2016/07/08)に書いたように、昨年は、富士山の静岡県側にある「ふじあざみライン」で、初めて電気自動車などをマイカー規制の対象から外していました。記事によると、期間中に電気自動車などの利用は、約100台だったそうです。初めての年でしたから周知も十分ではなく、利用は少なかったかもしれませんが、2年目となると「富士スバルライン」も含めてレンタカーを借りてでもマイカー規制から逃れたいと考える人も出てくるかもしれません。ただし、「ふじあざみライン」の今年度の規制内容について、発表はまだありません。

 ちなみに、「富士スバルライン」へ一番近い急速充電器は、9時から16時50分と利用制限がありますが山梨県立富士北麓駐車場でしょう。また、富士吉田市や富士河口湖町周辺には、普通充電器を備えたホテルなどがたくさんありますから、利用しやすい環境にあります。

三菱自動車 2017年3月度および2016年度 生産・販売・輸出実績(2017/04/27)

リンク:一般社団法人 全国軽自動車協会連合会 - 統計

12月にマイナーチェンジ(2016/12/22)したアイミーブは、1月も2月もほぼ昨年同月と同じ台数に復活しましたが、例年のように3月は伸び悩みました。
補助金受付は5月下旬から(2017/04/20)に書いたようにアイミーブMグレードを除いて、軒並み補助金が減るので、三菱に売る気があれば、電池価格が下がった分や補助金減額分の値下げをしてくるかもしれません。もしくは、フルモデルチェンジを期待します。

1月26日にマイナーチェンジしたミニキャブミーブ
も、3月は昨年のように伸び悩むのかと思ったら、何とか持ちこたえました。これは、商用車としての需要があるのでしょうか。
ミニキャブミーブ・トラックは、2016年3月に生産を停止して1年がたちましたが、まだ在庫があるようです。

1


2009年11月から2017年3月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値)

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

国内販売総数

10604

6368

37366

1015

↓2016年度合計

145

205

3625

43

03月
14378464
02月
30
66
459
2
01月31111904
12月
216244-
11月
753114
10月
11
2
486
8
09月
2
4
(未発表)1
08月
7
3
151
3
07月
10
11
261
2
06月
1521
253
9
05月
10
20
174
3
04月
6
9
250
3
アイ・M
ミニキャブ・M
アウトランダーPHEV
M-トラックは2016/03をもって製造中止
↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月
10
8
955
6
02月
39
71
1317
20
01月
31
23
801
6
12月
35
21
518
11
11月
23
27
814
8
10月
21
26
1145
4
09月
73
57
1896
15
08月
68
44
1313
9
07月
73
32
2383
9
06月
59
51
221
19
05月
38
45
289
14
04月
19
18
188
5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月
60
44
796
22
02月
82
52
603
25
01月
84
84
830
20
12月
70
57
608
22
11月
92
76
558
22
10月
102
93
538
18
09月
97
110
1450
6
08月
51
87
457
10
07月
102
124
700
4
06月
41
17
1300
14
05月
25
12
563
10
04月
18
25
226
8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月
130
124
736
30
02月
238
98
1630
16
01月
55
42
1298
17
12月
82
59
1488
9
11月
66
92
1705
9
10月
75
93
560
15
09月
95
137
772
21
08月
54
71
776
9
07月
68
93
-
14
06月
70
79
-
9
05月
62
71
-
7
04月
100
71
3
25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月
358
344
1719
269
02月
377
317
2079
167
01月
79
58
506
48
12月
137
121
11月
189
133
10月
141
128
09月
212
197
08月
86
107
07月
157
200
06月
288
256
05月
142
134
04月
39
31

アイ・M

ミニキャブ・ミーブ

↓2011年度合計

2552

1927

三菱自発表,2012年3月国内外の累計数:26000

03月
117
123
02月
446
590
 
 
01月
341
467
 
 
12月
359
747
 
 
11月
326
MINICAB-MiEV12月販売 
 
 
10月
244
 
 
 
09月
340
 
 
 
08月
207
 
 
 
07月
61
Mグレード販売
 
06月
40
 
 
05月
34
 
 
04月
37
 
 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 
 
03月
102
震災
 
 
02月
321
 
 
 
01月
219
 
 
 
12月
164
 
 
 
11月
172
 
 
 
10月
179
 
 
 
09月
277
 
 
 
08月
221
 
 
 
07月
383
 
 
 
06月
390
 
 
 
05月
53
 
 
 
04月
61
個人販売
 
 

アイ・ミーブ

 
 
 

↓2009年度合計

748
 
 
 
03月
101
02月
151
01月
188
12月
145
11月
163
(これより以前のデータはなし。「i-MiEV」は2009年7月23日から法人販売)   

アップル、自動運転車の公道テストへ…米カリフォルニア州が許可(2017/04/17)

少し前の記事ですが、2016年末、自動運転車を継続研究していることを表明していたアップル社は、カリフォルニア州で公道テストに乗り出すことが分かったと報じています。

噂の絶えなかったアップルの電気自動車が、いよいよ現実に姿を現しそうです。個人的な希望としては、アップルカー(2017/01/12)にも書いた、ホンダの「S660」をベースにガソリンエンジンをモーターに置き換えた「iCar 660」です。
afae45fe
(画像:HondaのHPより引用)

車体を一から作るとなると2020年にはとても間に合わないでしょうが、2年前のエイプリルフールに書いたアップルの電気自動車「 iCar 660」(2015/04/01)にあるように、今ある車体を流用するなら難しいことではないでしょう。
個人的な希望はさておき、どのメーカーの骨格を利用するのだろうかと考えていたら、以下のような記事を見つけました。
ボルボが開発した電気自動車は中国で作られ世界で売られる(2017/04/24)

このプラットフォームを購入し、外観をアップルお得意のデザインでスマートな形に仕上げたら、iPhone所有者の多い日本では、電気自動車への見る目が換わるかもしれません。



↑このページのトップヘ