2007年より気になった電気自動車関連のニュースを、コメントとともに書きとめています。記事によっては、時間がたつとリンク切れする場合があります。

11月7日付けで三菱から「MINICAB-MiEV、i-MiEVのブレーキについて」というリコール情報が出ていました。(情報をいただきました。ありがとうございます)

不具合内容は発表によると以下の通りです。
ブレーキ倍力装置に負圧を発生させるブレーキ負圧電動ポンプにおいて、防水構造が不適切なため、 使用過程においてポンプ内部に水分が浸入することがあります。 そのため、電動ポンプの内部が腐食し、ポンプの性能が低下して、最悪の場合、ブレーキ警告灯が点灯するとともに警告音が鳴り、 ブレーキペダルの操作力が増大し、制動距離が長くなるおそれがあります。
改善策として「全車両、ブレーキ負圧電動ポンプを対策品と交換」とのことです。

ただし、部品の準備に時間がかかるため、使用者に通知のうえ、準備できしだい交換だそうですから、不具合が起こる可能性を頭の隅に置きながら運転し、連絡が来るのを待つしかないでしょう。

ちなみに、対象となる車両かどうかについては、リコール等対象車両検索で確認できます。 

うちの場合、i-MiEVとMINICAB-MiEVトラックの両方が対象車でした。

スクリーンショット 2019-11-07 20.26.23
(画像:三菱自動車工業のHPより引用) 


(加筆)
これよりも前の10月17日付けで三菱から「i-MiEVの方向指示器(サイドターンランプ)について」というリコール情報が出ていました。対象は小型車登録のi-MiEVで、2019年7月10日 ~ 9月2日に製作された18台です。(情報をいただきました。ありがとうございます)
 
不具合内容は発表によると以下の通りです。
方向指示器(サイドターンランプ(側面))において、レンズ成形型の管理が不適切なため、 正規の協定規則認可番号とは異なる番号がレンズ面に記載されたものがあります。 そのため、保安基準第41条(方向指示器の基準)に適合しないおそれがあります。 

三菱自動車 2019年9月単月 生産・販売・輸出実績(2019/10/29)

2019年9月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報(全国軽自動車協会連合会 - 統計資料)

生産終了になったアイ・ミーブの 軽規格 Xグレード(16.0kWh)は、今年度0台です。

アイ・ミーブ
普通車は、発売以来最高の17台です。

アウトランダーPHEVは昨年同月(1247台)には及びませんでしたが1099台と大幅に増えました。千葉県など関東の台風被害による停電を見ていると、今後は動く「発電機」として見直されるかもしれません。

ミニキャブ・ミーブは、増える傾向にあります。

日本郵便がEV 1200台導入(2019/03/27)
1
2009年11月から2019年9月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値を含む)

アイM軽

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

アイM普通

国内販売総数

10814

7140

51896

118

↓2019年度合計

0

191

2799

48

03月
0 0 0 0
02月
0  0 0 0
01月
0  0 0 0
12月
0  0 0 0
11月
0 0 0 0
10月
0  0 0 0
09月
0  64 1099 17
08月
0 43 258 4
07月
0 59 423 16
06月
0 14 439 8
05月
0 4 355 3
04月
0 7 225 0


アイM軽

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

アイM普通

↓2018年度合計

43

296

6780

70

03月
5 4169610
02月
2 484585
01月
2 1644913
12月
0 76839
11月
0 339130
10月
3 1955710
09月
3 2112474
08月
5 216787
07月
2 303303
06月
11314055
05月
881974
04月
2211670
(2018/03 アイ・ミーブ 軽自動車規格の製造中止)
(ミニキャブミーブ・トラック2018年3月で掲載中止。2016/03製造中止。
 2012年の発売以来国内販売総数1018台

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2017年度合計

167

285

4951

3

03月
1531665-
02月
1226
576
-
01月2430585-
12月
1415343-
11月
2018235-
10月
1416237-
09月
1317568-
08月
1216293-
07月
10302801
06月
1332487-
05月
13354001
04月
7192821

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2016年度合計

145

205

3625

43

03月
14378464
02月
30
66
459
2
01月31111904
12月
216244-
11月
753114
10月
11
2
486
8
09月
2
4
(未発表)1
08月
7
3
151
3
07月
10
11
261
2
06月
1521
253
9
05月
10
20
174
3
04月
6
9
250
3
アイ・M
ミニキャブ・M
アウトランダーPHEV
M-トラックは2016/03をもって製造中止
↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月
10
8
955
6
02月
39
71
1317
20
01月
31
23
801
6
12月
35
21
518
11
11月
23
27
814
8
10月
21
26
1145
4
09月
73
57
1896
15
08月
68
44
1313
9
07月
73
32
2383
9
06月
59
51
221
19
05月
38
45
289
14
04月
19
18
188
5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月
60
44
796
22
02月
82
52
603
25
01月
84
84
830
20
12月
70
57
608
22
11月
92
76
558
22
10月
102
93
538
18
09月
97
110
1450
6
08月
51
87
457
10
07月
102
124
700
4
06月
41
17
1300
14
05月
25
12
563
10
04月
18
25
226
8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月
130
124
736
30
02月
238
98
1630
16
01月
55
42
1298
17
12月
82
59
1488
9
11月
66
92
1705
9
10月
75
93
560
15
09月
95
137
772
21
08月
54
71
776
9
07月
68
93
-
14
06月
70
79
-
9
05月
62
71
-
7
04月
100
71
3
25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月
358
344
1719
269
02月
377
317
2079
167
01月
79
58
506
48
12月
137
121
11月
189
133
10月
141
128
09月
212
197
08月
86
107
07月
157
200
06月
288
256
05月
142
134
04月
39
31

アイ・M

ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552

1927

三菱発表 2012/03
国内外 累計:26000

03月
117
123
02月
446
590
 
 
01月
341
467
 
 
12月
359
747
 
 
11月
326
MINICAB-MiEV
12月販売 
 
 
10月
244
 
 
 
09月
340
 
 
 
08月
207
 
 
 
07月
61
Mグレード販売
 
06月
40
 
 
05月
34
 
 
04月
37
 
 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 
 
03月
102
震災
 
 
02月
321
 
 
 
01月
219
 
 
 
12月
164
 
 
 
11月
172
 
 
 
10月
179
 
 
 
09月
277
 
 
 
08月
221
 
 
 
07月
383
 
 
 
06月
390
 
 
 
05月
53
 
 
 
04月
61
個人販売
 
 

アイ・ミーブ

 
 
 

↓2009年度合計

748
 
 
 
03月
101
02月
151
01月
188
12月
145
11月
163
(これより以前のデータはなし。「i-MiEV(アイミーブ)」は2009年7月23日から法人販売)

どうなる?将来の車 ~モーターショーで見た、乗った、考えた(2019/10/29)

NHKが電気自動車を紹介していました。その中で電気自動車普及にあたっての課題に販売価格をあげていました。消費者意識調査を元に補助金適用後の希望価格も取り上げていましたが、個人的には、航続距離200kmで200万円が電気自動車の売れ出す適正な価格ではないかと思っています。
スクリーンショット 2019-03-09 17.19.31
(画像:HONDA e)

そんなことを思っていたらEVオーナーズクラブのブログにガソリン車並みの価格で実用EV出現?(2019/10/29)と出ていました。安全装備もフル装備のような「リーフG 40kWhタイプの中古車」が航続距離300kmで「200万から250万がゴロゴロ」だそうです。お探しの車があれば、お買い得かもしれません。

また、固定価格買取制度(FIT)終了者の蓄電池としてもこの価格なら最適でしょう。固定蓄電池は割高で、上のリーフの4分の1しかない9.8kWhのものが285万円という物があります。リーフを「動く蓄電池」として考えれば安い買い物と言えるのではないでしょうか。

最後に大事なことに触れておきます。報告には、「国内では日産自動車が2010年にEVの販売を開始した」とありました。そこに「最初」の文字はありませんから、あながち間違いではありませんが、正確には「国内では三菱自動車工業が2009年に法人に向けてEVの販売を開始した」と書くべきです。個人販売に限るなら「国内では三菱自動車工業が2010年4月にEVの販売を開始し、12月に日産自動車がそれに続いた」とするべきでしょう。情報は正確なものにしてほしいものです。

今、開催されている東京モーターショー2019での注目点は、今さらながらの日本メーカーの電気自動車シフトです。以下一覧にしてまとめておきます。

NISSAN
  • ニッサン アリア コンセプト・・・運転支援システム「プロパイロット2.0」 搭載。ツインモーター4輪制御システム採用。充電口がリーフのような前面から左右前方に移動?したかもしれません。左右に口になりそうな所がありますから、普通充電口と急速充電口を分けたのかもしれません。カメラマンはEVに乗ったことがないのでしょう。そこのカットはありません。[詳細画像1][詳細画像2]
  • ニッサン IMk・・・軽自動車規格を展示[詳細画像1]、[詳細画像2]、[詳細画像3]
スクリーンショット 2019-10-25 18.37.38
(画像:NISSANのHPより引用)

HONDA
  • Honda e・・・『都市型』コミューターは2020年日本発売。バッテリー容量35.5kWh。一充電走行距離最大220km。八郷社長のスピーチの中には、給電器「Power Exporter 9000」や、着脱式バッテリー「Honda Mobile Power Pack」が出てきました。近年の災害を意識してのことでしょうか。 

TOYOTA
  • 超小型EV(名前はまだない)・・・2020年冬ごろ発売予定。最高時速60km/h、一充電走行距離約100km。軽自動車より小さい2人乗り。
  • 超小型EV ビジネス向けコンセプトモデル・・・短距離移動と離駐車を繰り返す業務用とのことですが、スタイルは「超小型EV」よりもかっこいいですし、距離を走らなくても私ならこちらを選びます。 
  • レクサスLF-30 Electrified・・・2020年発売。バッテリー容量110kWh。1充電走行距離500km(WLTP)をめざす。4輪ホイールモーター。高級車扱いの車だから仕方ないですが、110kWhとはいかにも盛りすぎを感じます[詳細画像
スクリーンショット 2019-10-25 19.24.45
(超小型EV ビジネス向けコンセプトモデル画像:トヨタのHPより引用)

マツダ
  • MX-30・・・2020年後半の欧州で発売。日本での発売時期は未公表。バッテリー容量35.5kWh。1充電走行距離200km(WLTP)。「ノルウェーや米国でのEVの利用状況などから、航続距離(=バッテリー容量)を決めた」と担当役員が述べたとありますが、10年ほど前に三菱や日産が同じ事を言っていました。ドイツでの価格3万3990ユーロ(約408万円)は200kmの車にしてはいかにも高すぎるでしょう。[詳細画像
  • ロータリーエンジンを発電に特化したレンジエクステンダーEVを開発中。航続距離400kmとのことですから、マツダにとってはこちらが本命かもしれません。
スクリーンショット 2019-10-25 18.51.02
(画像:マツダのHPより引用)

三菱
  • MI-TECHコンセプト』PHEV[詳細画像]・・・ガスタービンエンジンは、ガソリンだけでなく軽油、灯油、アルコールなど様々な燃料を使うことができるところが魅力的です。
FOMM
  • FOMM One・・・2020年3月か4月に日本でデリバリーしたいそうです。超小型の規格がトヨタの思わくで動き出しそうですから、FOMMなどにとっては願ったりかなったりでしょう。前のにコメントをいただきましたが、こうした水に浮くことができる車であれば、先日の水害でもおおいに役立ったことでしょう。
スクリーンショット 2019-10-28 8.05.36
(画像:FOMMのHPより引用)

ベンツ


[番外編]
プジョー
  • E-208・・・2020年7月〜9月に日本で発売。バッテリー容量50kWh。1充電走行距離340km(WLTP)。価格予想350万円〜400万円。チャデモと普通充電の口を配置。

充電インフラ補助金 公募兼交付申請 9月末日採択結果のお知らせ(2019/10/23)pdf

次世代自動車振興センターが2019年9月末の補助金申請の採択結果を上のように公表していました。お住まいの近くに新しく充電器が設置されるかもしれません。お確かめください。

なお、採択額の累計が補助事業の予算に到達したので、今年度は終了だそうです。今回の東京モーターショーには、たくさんの電気自動車が登場してきましたが、充電環境の整備といったバックアップは難しいものがあるようです。

「高速道路 SA・PA 及び道の駅等への充電設備設置事業(経路充電)」では、多くの要望がある高速道路への新設・増設は全くなく、道の駅が2カ所のみでした。
スクリーンショット 2019-10-23 18.56.59
(画像:長野県の「道の駅 野沢温泉」)

「商業施設及び宿泊施設等への充電設備設置事業(目的地充電)」では、24カ所の内11カ所がイオンモール、3カ所がパチンコ店のキコーナ、2カ所が日産の店舗でした。HONDAの店舗には、ぞくぞくと50kWの急速充電器ができつつありますが、補助金は受けていないようです。{GoGoEV(電気自動車充電スタンド情報)・ 新着充電スタンド情報}

「マンション及び事務所・工場等への充電設備設置事業(基礎充電)」では、20カ所の内12カ所が東京都関連の場所でした。

東京都集合住宅における充電設備等導入促進事業を開始(2018/06/11)

↑このページのトップヘ