2007年より気になった電気自動車関連のニュースを、コメントとともに書きとめています。記事によっては、時間がたつとリンク切れする場合があります。

6月28日に「i-MiEV、MINICAB-MiEVの車載充電器について」というサービスキャンペーン情報を取り上げましたが、7月12日に「ご愛用車の注意喚起(サービスキャンペーン)のご連絡」文書が送られてきました。
IMG_4794
これによると、27日の不具合内容発表にあったように、車載充電器の内部ショートが原因で、「パワーユニット警告灯」、「補機用バッテリー充電警告灯」の両方が点灯したら、まずは点検し、車載充電器の内部ショートが原因であれば、無償で部品交換を実施するということです。

(※6月28日の i-MiEV、MINICAB-MiEVの車載充電器サービスキャンペーンで書いた「点灯する前でも交換は可能」は間違いでした。お詫びして訂正します)

「まず点検」というのは、その結果、別の原因で点灯したと結論づけられる場合も予想されるからだそうです。

しかし、この対応はどうなのでしょう。

走行に直接影響のでない故障ならこのような対処でもかまわないでしょうが、連絡文書には「警告灯が点灯した場合、ただちに安全な場所に停車」とありますし、「点灯した状態で走行を続けた場合・・・走行不能にいたる可能性」を認めているのです。認めているからこその「無償交換」なのですから。

前回ブログで「コンデンサの劣化はいつ表面化するかわかりません」と書いたように、総走行距離が目安になるわけでなく、連続走行が引き金になるかどうかもわかりません。予測不能な現象ではありますが、いつかはおこる可能性が高く、その原因が特定されているにもかかわらず、「注意喚起」止まりです。

他のサイトでも見かけましたが、距離を走り遠出をしていたときや夜中、高速道路を走行中に点灯した場合は想像するまでもなく途方に暮れることでしょう。連絡文書には、最寄りの「三菱自動車 販売店」に持ち込むとありますが、見知らぬ土地で深夜にレッカー移動してもらい、営業開始となるまで待つのが前提のようです。最悪、その日が休業日でないことを祈るのみです。

私のように日々、生活範囲内の移動ばかりの者にとっては、点灯を待てば良いだけですが、仕事で使っている人や上のような条件で乗ることがある人にとっては死活問題となります。

ただし書きにあるように「リコールや改善対策に該当しない」からの対応でしょうが、安全を提供する会社であれば、点灯前でも希望者には交換できように、柔軟な対応に変えていただきたいものです。
スクリーンショット 2019-06-28 8.52.57
(画像:三菱のHPより引用)

湯布院で低速EV計画 渋滞解消、環境も保全 NEW! (2019/07/09)

2019年秋から3年間、大分県湯布院町で電気自動車を活用した「グリーンスローモビリティ」の実証実験が計画されていると伝えています。
地球温暖化対策計画にある、2030年度のCO2排出量2013年度比26%減を達成するための手段の一つとして、時速20キロ未満で公道を走る電気自動車「グリーンスローモビリティ」を使った実験をするようです。

使用するモビリティは、観光客を対象に「10人乗り程度のEV」と書いていますから、車種は書いていませんが、シンクトゥギャザーの最高速度19km/h、定員10人の「eCOM-8」あたりかもしれません。
ecom8-2
(画像:シンクトゥギャザーのHPより引用)

それにしても、いつまで「実証実験」なのかと思います。古くは充電スタンド検索サイトGoGoEVが2016年に「【EV】小型モビリティと街づくりの今 ~実証試験「その後」まとめ ~」を書いていますが、大分県姫島村で2013年から行われているエコツーリズムで使われている日産・ニューモビリティ・コンセプト などといい、「実験」の成果が生かされるのはいつになるのかと考えさせられます。

しかし、トヨタが2020年に市販予定の2人乗り超小型EVは、軽自動車よりも小さい新たなカテゴリーの規格を決めてこなかった「経産省」を動かしそうですから、いよいよ「実証実験」を終了できる日が近いのかもしれません。

【タイムズ24】タイムズカーシェアにEV100台導入を決定!~世界的なEVシフトに備え、EVカーシェアの運用体制を構築~ (2019/06/26)

タイムズ24は、カーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」において、電気自動車100台を8月から順次導入すると発表していました。まずは、埼玉県・東京都・神奈川県、そして大阪府などへ展開するそうです。

なお、予定する配備場所は駅近くで、一部車両へWi-Fiも設置されるそうですから、ますますカーシェアリングサービスなのに全く走らないという利用をされるかもしれません。 リンク先のNTTドコモ調査によると走らせないで車内で3位「読書」、2位「友人や仕事上の電話」、1位「仮眠」だそうです。

電気自動車ですから、エンジン音で周囲に迷惑をかけることもありませんし、エアコンも効いて快適な個室空間に早変わりするのかもしれません。それならいっそのこと、車ではなくて車検も固定資産税もいらないコンテナハウスでもよさそうですが、移動手段としての会員の権利も確保しておきたいのでしょう。

2020年東京オリンピック・パラリンピックでデモ車を計画しているというトヨタの 「e-パレット」が登場すれば、走らない利用がますます増えるかもしれません。

( 「e-パレット コンセプト」 基本機能説明映像)

ちなみにタイムズ24は、以下のようにこれまでにも電気自動車を使ったカーシェアリングに取り組んでいます。

元シムドライブ 清水浩氏率いるe-Gle、中国中車グループとEV用インホイールモーター生産で提携(2019/06/26)

e-Gleは、「中国中車グループ電動モーター部門子会社の襄陽中車とEV用インホイールモーター生産で提携」と報じていました。

清水浩慶應義塾大学名誉教授というと、私が電気自動車に興味を持つきっかけとなったインホイールモーターの電気自動車で有名です。
kaz-1
(画像:日本未来館に展示してあった電気自動車“KAZ 2005/08/08)

この記事の中で注目したところは、「グランドアップ車(新規に設計する自動車)だけでなく、既存の自動車にも取り付けることができる」というところです。

電気自動車の「最大のネックは“値段が高い”こと」です。ですから、こうした「部品」が安く出回ることによって、コンバートEVという方法も広がると面白いかもしれません。

普及を妨げる最大の障壁は?ニッポンのEVと、EV事業のこれからを考える(2019/06/24)

「最大のネックは“値段が高い”こと」など、読み応えのある記事です。

2019年後半、正式発表される予定の「ホンダe」は、35.5kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載するそうですから、間違いなく「高価」です。「ホンダe」は、日産リーフと比較される対象にはなるでしょうが、トヨタのいう「普及」には貢献しえないでしょう。

記事では、トヨタが2020年に市販すると発表した2人乗りの超小型EVについて、リチウムイオンバッテリーは10kWhまでではないかとその期待仕様を具体的に書いています。

ただし、軽自動車よりも小さい新たなカテゴリーの規格が経産省から発表されていない中で、トヨタが正式に2020年市販を公表した背景などを掘り下げてほしかったです。トヨタだからこそできるワザといってしまえばそれまでですが。
スクリーンショット 2019-06-08 18.59.57
(2020年に市販予定の2人乗り超小型EV:トヨタのHPより引用)

トヨタの前倒しにも増して、BMWは前のめりになっているようです。

独BMW、電動車投入計画を2年前倒し2023年までにEV・PHVを25車種( 2019/6/26)

↑このページのトップヘ