2007年より気になった電気自動車関連のニュースを、コメントとともに書きとめています。記事によっては、時間がたつとリンク切れする場合があります。

【トヨタ RAV4 PHV】日本発売まもなく…EV走行距離95km、最上位モデルとして登場(2020/06/04)

トヨタのSUVとしてプラグインハイブリッドシステムを初搭載し、まもなく発売される『RAV4 PHV』を紹介しています。

RAV4 PHV』は、18.1kWhのリチウムイオンバッテリーを載せ、一充電走行距離は95kmにもなるそうです。アイミーブよりも積載量は多いですから、まるで電気自動車です。これだけ走れば、近場を走る普段使いではエンジンがかかることはないでしょうから、疑似電気自動車を十分に堪能できることでしょう。

これにより購入者の生活パターンでは電気だけで事足りることがわかったり、私が初代プリウスに乗ってエンジン音のない走りがこのままズーと続けば良いのにと思ったように、同じ事を思う人が出てきたりすれば、「RAV4 PHV」が電気自動車への入門車となり、今秋に市販化への発表があるとされるトヨタ『LQ』(2020/05/20)への営業に結びつくのかもしれません。

ちなみにアウトランダーPHEVが搭載している容量は13.8kWhで57.6kmです。トヨタ『RAV4 PHV』いよいよ日本発売〜電動車の新基準となるか(2020/06/08)によれば、コストパフォーマンスも電費「EPA換算のEV航続距離/電池容量」もアウトランダーPHEVよりも優れています。

気になる充電方法ですが、記事によるとAC200Vと100Vの普通充電に対応しているとだけあり、急速充電機能には触れていません。そこで、情報を検索してみると急速充電機能はないと書いてありました。

アウトランダーPHEVは急速充電に対応していたばかりに、各地の急速充電器で電気自動車とかち合うこととなり、エンジンでも走ることができるプラグインハイブリッド車に急速充電機能が必要かと問題になっています。

RAV4 PHV』はそれがないので、トヨタとしてはプラグインハイブリッド車の立ち位置をよく考えた結果なのでしょう。

急速充電機能がないとチャデモ規格での電気の取り出しができないのかと心配されるかもしれませんが、1500W/AC100Vのコンセントが用意されているそうですから、非常時は元より普段使いでも役立ちそうです。このような100Vコンセントは、電気自動車にも標準でつけてほしいものです。
 intro_img
(画像:トヨタのHPより引用 ※写真は北米仕様のプロトタイプ)

【トヨタ RAV4 PHV 新型試乗】RAV4としてもトヨタのPHVとしても「過去最高」…島崎七生人(2020/06/06)

【トヨタ RAV4 PHV 発売】EV走行距離95kmを実現、価格は469万円より(2020/06/08)

トヨタ『RAV4 PHV』試乗速報〜プラグインの長所を走りで強調【塩見 智】 (2020/06/11)

ダイハツのEV 環境意識の先駆(古今東西万博考) 1970年・大阪( 2020/06/02)

1970年の大阪万博で走っていたダイハツ工業の電気自動車を紹介していました。 「ハイゼットバン」をベースにした6人乗りで鉛の電池を積み、最高時速は15キロメートルだったそうです。

この記事を見てふと思い出したのが、2008年3月に訪れた沖縄 美ら海水族館で見たダイハツの電気自動車です。形こそ違いますが、万博で走っていた電気自動車の流れをくんでいたのかもしれません。
SANY5953

このブログは、2007年より気になった電気自動車関連のニュースを書きとめていますから、初期に気に留めた電気自動車の1台です。
 
(2008年3月21日撮影) 

クルードラゴン宇宙船、ロケットとの分離を確認。深夜にはISS到着(2020/05/31)

日本時間2020年5月31日午前4時22分45秒、打ち上げに成功したスペースXの新型宇宙船「Crew Dragon(クルードラゴン)」を紹介しています。

その中にNASA TV「NASA Live: Official Stream of NASA TV」がリンクされていたのですが、それを見ていたら、やはりありましたテスラ車が。

フロリダ州ケネディ宇宙センターで打ち上げられたとはいえ、イーロン・マスクにより設立された「スペースX」ですから、宇宙飛行士の移動にはテスラ車が使われていました。

宣伝効果が期待できるのはもちろんですが、セレモニー会場を音もなく走り去る姿はクールでしょう。
スクリーンショット 2020-06-02 9.07.33

日産自動車、「選択と集中」による持続的成長に向けた構造改革を実施(2020/05/28)

日産自動車は、5月28日に2023年度までの4か年計画を発表しましたが、その中で23年までに電気自動車2車種を追加するとしていました。
そのうちの1車種は、この7月に発表されるクロスオーバーEVの新型『アリア』ですから、もう1車種は、画像にあるように軽の電気自動車です。
スクリーンショット 2020-05-30 10.36.47
「事業構造改革計画」の資料 P9より引用)

同じ「事業構造改革計画」の13ページにある「持続的な商品提供」のところに「電気自動車の拡大: SUV / 軽を追加」とありますし、18ページにも 「軽EV」の表記があります。

軽のアイミーブが生産停止になってから販売されていない軽の電気自動車ですから、発売が待たれますが、2018年には「2020年台初め頃」 日産 スキラッチ副社長「日本は一番早く電動化が進む」(2018/04/20)と言っていたのですし、現在日産が置かれた状況からすればさらに先送りされるかもしれません。

日本電産は、電気自動車用モーターを今後の中核製品と位置づけており、2026年3月期までに1600万台の採用を見込んでいるそうです。それだけ電気自動車の広がりを予想していると言うことでしょうから、日産にはぜひ奮起してほしいものです。 
日本電産のEV用モーター、吉利汽車が採用 ( 2020/05/27)

今後18カ月で12モデルを投入する日産。12モデルとは? アリア、キックス登場、フェアレディZがモデルチェンジ、ではGT-Rは?(2020/05/31)

 
発表会の冒頭で流れたという上記の動画には、軽の電気自動車の「IMk」のシルエットがありませんでしたから、2021年中のIMkの発表はないということなのでしょう。2022年か2023年になってしまうのかもしれません。

三菱自動車 2020年4月単月 生産・販売・輸出実績(2020/05/28) 

2020年4月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報(全国軽自動車協会連合会 - 統計資料)

コロナ不況で販売台数がいずれも大きく下がりました。
アイ・ミーブ普通車は、ほんどないも同然です。

ミニキャブ・ミーブは、2019年度の販売台数が796台ですから、日本郵便から受注した1200台までにまだ400台はあるはずですが、今年度当初は13台とふるいませんでした。2019年4月も7台だったので、4月だからかもしれません。

日本郵便がEV 1200台導入
(2019/03/27)

アウトランダーPHEV
は2020年10月頃、モデルチェンジするようです。

図1
2009年11月から2020年4月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値)


ミニキャブ・ミーブ

アウトランダーPHEV

アイM普通

国内販売総数


7758

54163

177

↓2020年度合計


13

96

2

03月

0 0 0
02月

0 0 0
01月

0 0 0
12月
  0 0
0
11月

0 0 0
10月
  0 0 0
09月
  0 0 0
08月

0 0 0
07月

0 0 0
06月

0 0 0
05月

0 0 0
04月

13 96 2
(アイ・ミーブ軽自動車規格(下の表中の青色)(2009年7月〜10月の記録なし)2018/03 生産終了
(2020年3月で掲載中止。2009年11月以来国内販売総数 10814台)

アイM軽

ミニキャブ・ミーブ

アウトランダーPHEV

アイM普通

↓2019年度合計

0

796

4970

105

03月
01953957
02月
0 153499 7
01月
0 3239214
12月
0 64349
4
11月
099308
10月
0 62228 21
09月
0 64109917
08月
0432584
07月
05942316
06月
0144398
05月
043553
04月
072250

アイM軽

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

アイM普通

↓2018年度合計

43

296

6780

70

03月
5 4169610
02月
2 484585
01月
2 1644913
12月
0 76839
11月
0 339130
10月
3 1955710
09月
3 2112474
08月
5 216787
07月
2 303303
06月
11314055
05月
881974
04月
2211670
(2018/03 アイ・ミーブ 軽自動車規格の製造中止)
(ミニキャブミーブ・トラック2018年3月で掲載中止。2016/03製造中止。
 2012年の発売以来国内販売総数1018台

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2017年度合計

167

285

4951

3

03月
1531665-
02月
1226
576
-
01月2430585-
12月
1415343-
11月
2018235-
10月
1416237-
09月
1317568-
08月
1216293-
07月
10302801
06月
1332487-
05月
13354001
04月
7192821

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2016年度合計

145

205

3625

43

03月
14378464
02月
30
66
459
2
01月31111904
12月
216244-
11月
753114
10月
11
2
486
8
09月
2
4
(未発表)1
08月
7
3
151
3
07月
10
11
261
2
06月
1521
253
9
05月
10
20
174
3
04月
6
9
250
3
アイ・M
ミニキャブ・M
アウトランダーPHEV
M-トラックは2016/03をもって製造中止
↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月
10
8
955
6
02月
39
71
1317
20
01月
31
23
801
6
12月
35
21
518
11
11月
23
27
814
8
10月
21
26
1145
4
09月
73
57
1896
15
08月
68
44
1313
9
07月
73
32
2383
9
06月
59
51
221
19
05月
38
45
289
14
04月
19
18
188
5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月
60
44
796
22
02月
82
52
603
25
01月
84
84
830
20
12月
70
57
608
22
11月
92
76
558
22
10月
102
93
538
18
09月
97
110
1450
6
08月
51
87
457
10
07月
102
124
700
4
06月
41
17
1300
14
05月
25
12
563
10
04月
18
25
226
8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月
130
124
736
30
02月
238
98
1630
16
01月
55
42
1298
17
12月
82
59
1488
9
11月
66
92
1705
9
10月
75
93
560
15
09月
95
137
772
21
08月
54
71
776
9
07月
68
93
-
14
06月
70
79
-
9
05月
62
71
-
7
04月
100
71
3
25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月
358
344
1719
269
02月
377
317
2079
167
01月
79
58
506
48
12月
137
121
11月
189
133
10月
141
128
09月
212
197
08月
86
107
07月
157
200
06月
288
256
05月
142
134
04月
39
31

アイ・M

ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552

1927

三菱発表 2012/03
国内外 累計:26000

03月
117
123
02月
446
590
 
 
01月
341
467
 
 
12月
359
747
 
 
11月
326
MINICAB-MiEV
12月販売 
 
 
10月
244
 
 
 
09月
340
 
 
 
08月
207
 
 
 
07月
61
Mグレード販売
 
06月
40
 
 
05月
34
 
 
04月
37
 
 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 
 
03月
102
震災
 
 
02月
321
 
 
 
01月
219
 
 
 
12月
164
 
 
 
11月
172
 
 
 
10月
179
 
 
 
09月
277
 
 
 
08月
221
 
 
 
07月
383
 
 
 
06月
390
 
 
 
05月
53
 
 
 
04月
61
個人販売
 
 

アイ・ミーブ

 
 
 

↓2009年度合計

748
 
 
 
03月
101
02月
151
01月
188
12月
145
11月
163
(これより以前のデータはなし。「i-MiEV(アイミーブ)」は2009年7月23日から法人販売)

↑このページのトップヘ