「電気自動車ニュース」は、EVオーナーズクラブ(EVOC)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

新型リーフの発表で、日産『大転換』の境目の日となるかもしれません。


新型 日産リーフ ワールドプレミアで語られたこと
  • 一充電航続距離:400km(JC08モード)
  • プロパイロット(自動運転技術)
  • プロパイロット・パーキング(駐車自動制御)
  • イー・ペダル(アクセルのみでも操作可能なワン・ペダル)
  • アクセルとブレーキの踏み間違い事故防止システム
  • 電池容量は40kWh
  • オプションの6kw充電器を使用すると今までと同じ充電時間
  • 日本では10月2日発売
  • これまでのリーフと同価格帯
  • 2018年に電池容量を増やしたグレード発表(映像画面で「Longer Range」と表現)
18

全世界で35億キロを走ってきたリーフのデータから電池の劣化問題は十分把握しているだろうに、バッテリーの温度管理についての発言はありませんでした。そこがどうなっているか、今後のイベント等で確認してみたいものです。

もう一つ確認したいことは、劣化問題に関わるであろう電池の製造元です。電池によって性能が違ってくるために、この点も重要です。
(加筆:初期型と同じオートモーティブエナジーサプライ製だそうです。来年出す「Longer Range」で他社製に変更するのかもしれません)

これらの点について、「価格・距離・充電設備 EV普及占う新型リーフ」には、日産は「新型リーフは電池の寿命を大幅に改善したと説明」とあります。また、 「焦点:日産が新型リーフで攻勢、テスラの脅威も」には、「初期型に比べると飛躍的に上がった。容量減少、性能低下は半分以下に減ってきている」とありました。 しかし、上記の点について例えば温度管理のシステムを組み込んだといった具体的な改善情報が、日産からはもちろん、マスコミからも流れてこないことが気にかかります。

(加筆:Webカタログに「バッテリー容量低下の抑制や耐久性の向上などにより、バッテリーの高寿命化を実現」とありました。また、以下のような注意書きがありました)
「40kWh駆動用バッテリー搭載車」の場合。正常な使用条件下において新車登録から8年間または160,000kmまでのどちらか早い方において、アドバンスドドライブアシストディスプレイのリチウムイオンバッテリー容量計が9セグメントを割り込んだ(=8セグメントになった)場合に、修理や部品交換を行い9セグメント以上へ復帰することを保証しています。

07
(画像:日産HPより引用)
以下、ニュースリリースより引用。10時30分現在、商品WEBサイトは新型に更新されていません。
  • Sグレード:3,150,360円
  • Xグレード:3,513,240円
  • Gグレード:3,990,600円
  • 充電時間:16時間(3kW)/ 8時間(6kW)
  • 急速充電:40分
国の補助金は30kWhで280km28万円でしたが、新型リーフは一充電走行距離が400kmに伸びたため、12万円増えて今年度上限の40万円です。(補助金交付額一覧表:9月6日付けで更新)「JC08 モード値の一充電走行距離(km)×1,000円」

来年度の予算要求では増額されていますが、年々補助金は減っていますし、新型リーフの売れ行きによっては今年度予算枠を使い切ることもあり得ますので、新型リーフをお買い求めになる方は、早めの注文がよいでしょう。

2018年には、さらに電池容量を増やし距離を伸ばしたリーフの「Longer Range」を出すそうですが、今年度の補助金規定では上限が40万円になっていますから、規定が変わらない限り、今年度より多くの補助金を望むことはできません。

SIMPLY AMAZING. 新型「日産リーフ」の展示イベントを開催
  • 日時:2017年9月6日(水)~2017年11月12日(日)
  • 場所:日産グローバル本社ギャラリー



【日産 リーフ 新型】ボタン操作ひとつで自動駐車できるプロパイロット パーキング初採用(2017/09/06)

【日産 リーフ 新型】開発責任者の磯部氏「未体験の驚きの走り」…モーター出力は38%向上(2017/09/06)

日系自動車メーカーの戦力逐次投入は何をもたらすのか (2017/09/04)

自動車をとりまく環境が大きく変わろうとしている現状の中で、あえて少ない車種の電気自動車などを投入していこうとする日系自動車メーカーの行く末を案じている記事です。

くしくもインドネシア政府は、電気自動車部品の輸入税率を現行の50%から5%に引き下げることを検討しているというニュースが載っていました。ちなみにインドネシアでは、2025年までに国内自動車生産台数の2割を電気自動車にする目標をかかげようとしています。

国産電気自動車、部品の輸入関税を5%に(2017/09/04)


未来予想図(更新)(2017/09/03) 

今日、6日は新型リーフの発表日で、日産『大転換』の境目の日となるかもしれません。しかし、滋賀日産や日産プリンス滋賀は、5日・6日と準備のためか連続した休みになっていますので、7日から関連イベントをおこなうのでしょう。

【中継】新型 #日産リーフ ワールドプレミア(発表記者会見)(YouTube 2017/09/06  9:30に開始予定)

将来をにらんだ電気自動車のニュースは日ごと増えていますが、あまりにも乱立してきたために前後関係が混乱してきました。そこで、今ある予想記事を時系列に整理してみました。ただし、これらはすべてあくまでも「予定」であって実現するかどうかは「未定」です。(初出2017/08/18、更新2017/09/03)


(2017年)

◯日産  新型「リーフ」は9月6日初公開(2017/06/30)

(2018年)

FOMM <クルマ革命>「飛ぶ」「泳ぐ」未来そこに(2017/08/21)
  • 2018年末夏ごろに超小型EVをタイで量産開始
◯現代自動車 2018年前半に1充電で390キロメートル走るSUVを発売(2017/8/17)
  • 航続距離が500キロメートルのEV開発に着手
◯ジャガー・ランドローバー ミドルサイズSUVの電気自動車を2018年後半市販化(2017/08/19)

◯日産 の中国合弁会社「様々なタイプの電気自動車を積極投入する」(2017/08/14)

◯ホンダ  Meeting 2017 代表取締役社長 社長執行役員 八郷 隆弘 スピーチ骨子(2017/06/08)
  • 2018年に中国専用電気自動車モデル発売
◯ドイツ 電気自動車への移行で大規模投資必要=首相(2017/05/22)
  • ダイムラーは、2018年半ばでにリチウムイオン電池の操業を開始
◯ロシア 2018年に電気自動車工場の建設がスタート(2017/04/12)

◯タイ 充電1000カ所新設 18年末(2017/09/01)


(2019年)

◯ルノー、東風、日産(中国)投資有限公司 が設立する「eGT」(eGT New Energy Automotive Co., Ltd.)は、電気自動車を2019年に生産開始(2017/08/29)

◯フィスカー 一気に640㎞走行可能な電気自動車を2019年から生産(2017/08/14)
  • 9分で160㎞分のバッテリー充電、価格12万9,900ドル(約1440万円)
◯トヨタ 中国で電気自動車の量産に乗り出す(2017/08/14)

◯ボルボ 2019年以降にエンジンのみを搭載した車の生産を終了(2017/07/05)
  • ボルボ・カーズは全ての車にモーターを搭載
◯テスラ 2019年後半か2020年までにModel Yを発売(2017/05/09)

◯MINI 2019年、市販EVをラインナップ(2017/08/30)

◯インド マヒンドラ、EV生産能力2倍に 最大月1000台(2017/5/24)
  • 2019年には1充電で最大350キロメートルを走る新型車を投入
◯中国 新エネ車のノルマ先送りへ…反発を考慮か(2017/09/01)
  • メーカーに新エネルギー車(電気自動車など)の現地生産を課す新規制について、開始時期を2018年から実質的に1年延期する見通し


(2020年)

◯アストンマーティン(英) ラインアップ全モデルをハイブリッド化すると発表!
  • 2020年末までに全車種の4分の1を完全電気自動車に
◯フォルクスワーゲン 2020年にVolkswagen I.D.の発売(2017/08/08)
  • 価格は3万〜3万5000ドル、航続距離は約250〜300マイル(約400キロ~480キロ)
◯アウディ 市販EVを3車種ラインナップする(2017/08/24)

◯トヨタ 全固体電池搭載のEV発売へ 数分で充電、22年国内(2017/07/25)
  • 2020年にオリンピックモデルの電気自動車を大会で使用
  • 「全固体電池」を搭載した電気自動車を、2022年にも日本国内で発売する方針
◯ドイツポスト 配送用「自家製EV」を試し乗り(2017/06/14)
  • 2021年をめどに約47,000台の配送車のほぼすべてを電気自動車に切り替える
◯三菱 新EV発売へ 20年めど、アイミーブ後継の軽(2017/06/09)
  • 販売中の軽のEVより価格を抑える
◯GSユアサ EV電池 走行距離2倍 ガソリン車並みに(2017/08/08)
  • 1回の充電で走れる距離を2倍に伸ばす新型電池の量産を2020年にも開始
◯フォード 新しいSUVを2020年に発売(2017/05/18) ◯日立造船 全固体リチウムイオン電池を開発、車載用に2020年に製品化(2016/03/04)


(2021年)

◯スバル 富士重、2021年に電気自動車を投入へ=吉永社長 | ロイター(2016/05/12)


(2022年)

◯フォルクスワーゲン ワーゲンバスが電気自動車となって帰ってくる! フォルクスワーゲン、「I.D. Buzz」を2022年に発売すると正式発表(2017/08/23)
  • ベースは「I.D.」で、レベル3の自動運転技術を採用
  • 主なターゲット市場は、北米・欧州・中国で、商用のカーゴバン・モデルと乗用モデルの両方投入 
  • コンセプト・モデルは、新欧州ドライビングサイクルに基づく航続距離600km


(2025年)

イーロン・マスク氏が予想する「自動車業界に起こる3つの大きな変化」(2017/07/19)
  • おそらく10年後(2027年)のアメリカでは、新たに生産される自動車の半分以上がEVに」
    「ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス」は、 2025年には「EVの価格は、従来のガソリンエンジン車と同程度に」
◯ホンダ 欧州での電動化ビジョンを発表(2017/03/07)
  • 2025年をめどに欧州四輪販売数の3分の2を電動車両(ハイブリッド、プラグインハイブリッド、バッテリーEV、燃料電池)に置き換える
◯アウディ 新車販売の3分の1をEVにする(2017/08/24)

◯オランダ 電気バス完全走行プロジェクト、2025年は全土に (2016/06/06) ◯ノルウェー ではなぜ電気自動車普及が成功したのか?(2017/06/01)
  • 2025年以降は、従来のガソリンおよびディーゼル車の新規登録廃止を目指す
◯インドネシア 国産電気自動車、部品の輸入関税を5%に(2017/09/04)
  • インドネシア政府は、EV部品の輸入税率を現行の50%から5%に引き下げることを検討
  • 2025年までに国内自動車生産台数の2割をEVに


(2030年)

◯マレーシア 電気自動車の成長加速、30年までに本格導入(2017/08/16)
  • 2030年までに電気自動車登録台数10万台、充電器12万5,000カ所
◯インド 電気自動車のみ販売へ 2030年までに(2017/06/04)
  • 2030年までに同国内で販売する自動車を全て電気自動車に
◯ハワイ州 電気自動車導入、法制化へ=米政権のパリ協定離脱批判-ハワイ知事(2017/08/31)
  • (2027〜2037年)ガソリン車から電気自動車や燃料電池車への移行を促すための方策を検討し、導入目標を設定


(2040年)

◯イギリス ガソリン・ディーゼル車の販売禁止 40年までに(2017/07/26)
  • 2040年までに国内でのガソリン車とディーゼル車の販売を禁止
◯フランス 40年めどガソリン車販売禁止 政府、ディーゼルも(2017/07/07)
  • 2040年頃(まで)に国としてガソリン車とディーゼル車の国内販売を禁止

【事前予告】MMF2017開催の件(2017/08/27)

三菱車による年に1度のファンミーティング Mitsubishi Motors Fan meeting 2017が、11月26日(日)に三菱自動車の岡崎製作所で開催されます。
関係者から事前告知が出ていますので、以下転載します。2013年の岡崎では、エントリー開始から4日程度で予定台数に達したそうですから、参加を考えている方はお早めにお申し込みください。
(以下転載)


1.主旨:オーナーのみならず、三菱自動車様、三菱自動車販売店様をはじめ、三菱自動車を愛する全ての方との交流を深める機会であること

2.開催日時:2017/11/26(日)

3.開催場所:三菱自動車工業㈱ 岡崎製作所 ※2016/10/1付で名古屋製作所から名称変更

4.参加者募集時期:2017/09/09(土)0時~

5.詳細:リンク先を参照ください。

IMG_1792
2015/10/25のMitsubishi Motors Fan meeting) 

三菱自動車 2017年7月度 生産・販売・輸出実績(2017/08/30)

リンク:2017年7月 軽四輪車 通称名別新車販売確報(全国軽自動車協会連合会 - 統計資料)

前年同月と比べるとミニキャブ・ミーブが11台から30台へと増加しています。

2009年に世界初の量産の電気自動車を発売し、モーターの制御技術などデータを積み上げてきた三菱の底力を、ぜひともこれから発揮してほしいものです。世界中がようやく三菱に追いつき、電気自動車に傾いているのですから。

先月、「ミニキャブミーブ・トラックは、2016年3月に生産を停止して1年以上がたちましたが、ようやく在庫がなくなったようです」と書きましたが、まだ1台ありました。

1
2009年11月から2017年7月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値)

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

国内販売総数

10647

6484

38815

1018

↓2017年度合計

43

116

1449

3

03月




02月




01月



12月




11月




10月




09月




08月




07月
10302801
06月
1332487-
05月
13354001
04月
7192821

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2016年度合計

145

205

3625

43

03月
14378464
02月
30
66
459
2
01月31111904
12月
216244-
11月
753114
10月
11
2
486
8
09月
2
4
(未発表)1
08月
7
3
151
3
07月
10
11
261
2
06月
1521
253
9
05月
10
20
174
3
04月
6
9
250
3
アイ・M
ミニキャブ・M
アウトランダーPHEV
M-トラックは2016/03をもって製造中止
↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月
10
8
955
6
02月
39
71
1317
20
01月
31
23
801
6
12月
35
21
518
11
11月
23
27
814
8
10月
21
26
1145
4
09月
73
57
1896
15
08月
68
44
1313
9
07月
73
32
2383
9
06月
59
51
221
19
05月
38
45
289
14
04月
19
18
188
5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月
60
44
796
22
02月
82
52
603
25
01月
84
84
830
20
12月
70
57
608
22
11月
92
76
558
22
10月
102
93
538
18
09月
97
110
1450
6
08月
51
87
457
10
07月
102
124
700
4
06月
41
17
1300
14
05月
25
12
563
10
04月
18
25
226
8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月
130
124
736
30
02月
238
98
1630
16
01月
55
42
1298
17
12月
82
59
1488
9
11月
66
92
1705
9
10月
75
93
560
15
09月
95
137
772
21
08月
54
71
776
9
07月
68
93
-
14
06月
70
79
-
9
05月
62
71
-
7
04月
100
71
3
25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月
358
344
1719
269
02月
377
317
2079
167
01月
79
58
506
48
12月
137
121
11月
189
133
10月
141
128
09月
212
197
08月
86
107
07月
157
200
06月
288
256
05月
142
134
04月
39
31

アイ・M

ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552

1927

三菱発表 2012/03
国内外 累計:26000

03月
117
123
02月
446
590
 
 
01月
341
467
 
 
12月
359
747
 
 
11月
326
MINICAB-MiEV
12月販売 
 
 
10月
244
 
 
 
09月
340
 
 
 
08月
207
 
 
 
07月
61
Mグレード販売
 
06月
40
 
 
05月
34
 
 
04月
37
 
 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 
 
03月
102
震災
 
 
02月
321
 
 
 
01月
219
 
 
 
12月
164
 
 
 
11月
172
 
 
 
10月
179
 
 
 
09月
277
 
 
 
08月
221
 
 
 
07月
383
 
 
 
06月
390
 
 
 
05月
53
 
 
 
04月
61
個人販売
 
 

アイ・ミーブ

 
 
 

↓2009年度合計

748
 
 
 
03月
101
02月
151
01月
188
12月
145
11月
163
(これより以前のデータはなし。「i-MiEV(アイミーブ)」は2009年7月23日から法人販売)

↑このページのトップヘ