「電気自動車ニュース」は、EVオーナーズクラブ(EVOC)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

「滋賀日産リーフの森」への電気自動車用急速充電器の設置について(2017/04/07)

滋賀県では、栗東市にある「滋賀日産リーフの森」で4月20日(木) 午前11時から急速充電器が利用できると告知しています。(補足:命名権を滋賀県が滋賀日産に売っているので、このような命名になっています。森の管理は滋賀県がおこなっています)
滋賀県次世代自動車充電インフラ整備ビジョンには、住所が「栗東市荒張1-11」とありましたから、「道の駅こんぜの里りっとう」と思い込んでいましたが、駐車場が隣り合わせてある「滋賀日産リーフの森」への設置でした。
なお、「滋賀日産リーフの森」の利用時間は、9時~17時となっていますが、駐車場は24時間利用できるそうです。(補足:充電器は駐車場にあるので、24時間利用できます)

滋賀県内の充電器リスト 

カーボンナノチューブ空気極により超高容量なリチウム空気電池を開発~リチウムイオン電池の15倍! 電気自動車でガソリン車並みの走行距離実現へ前進~(2017/04/05)

物質・材料研究機構 科学技術振興機構(JST)は、従来のリチウムイオン電池容量の15倍を蓄電する「リチウム空気電池」を実現したと発表しています。 以下のように電池の大容量化については、様々な発表がありますが、ここに「実用的なレベルでの真に高容量なリチウム空気電池システムの開発を目指し」とあるように、なかなか現実のものとはなりません。しかし、このようなリチウム空気電池が実用化されれば、電気自動車の航続距離が大幅に伸び、コストダウンにより車両の低価格化が期待できます。

英大学と英ベンチャー、電気2重層キャパシターの容量密度を100倍に(2016/12/08)

リチウムイオン電池の寿命が12倍以上に---安永が技術を開発(2016/11/29)

NEDO:革新型蓄電池の実用化に向けた共通基盤技術の開発に着手
.(2016/05/18)

日立造船が全固体リチウムイオン電池を開発、車載用に2020年に製品化 - MONOist(モノイスト).(2016/03/04)

大容量フィルム型リチウムイオン電池 事業化へ|新着情報|積水化学.(2016/03/09)

独自動車大手ダイムラー、ヘルメスから電動商用バン1500台を受注(2017/04/04)

e-NV200ワゴンは現在お選びいただくことができません(2017/04/05)でワゴンは販売不振かとの話題に触れましたが、バンなど商用車の需要はあるようです。
オンライン販売の急速な成長による宅配量の急増問題は、日本だけでなくドイツでも起きているようで、ヘルメスでは小包配送用に特化した電動モデルを導入するようです。

また、中国自動車大手BYD、欧州でEV拡大 ハンガリーと仏に工場 (2017/04/05)にあるように、ヨーロッパではEVバスの受注が拡大しているそうです。
CO2排出ガス規制の影響もあるのでしょうが、日本との違いに驚くとともに、日本メーカーの立ち位置に不安を覚えます。

2017年上海モーターショーHondaおよびAcura出展概要(2017/04/05)

ホンダは、4月19日から上海で開催予定の2017年上海モーターショーの内容を発表していました。
その中で人工知能を搭載したコンセプトカー「Honda NeuV(ニューヴィー)」を紹介しています。超小型電気自動車の実証実験に使用していたMC-βは前後の2名乗車でしたが、こちらは左右の2名のようです。

ホンダも普通に(2017/03/09)「電気自動車」を出すようになってきました。高額な電気自動車で先を行くテスラのシリーズを意識してか、燃料電池車(FCV)「クラリティフューエルセル」の電気自動車版「クラリティ エレクトリック」をアメリカで発売するようですが、「Honda NeuV」のようなコンパクトなEVもぜひシリーズに加えてほしいものです。
1491357615649
(HondaのHPより引用) 

アウトランダーPHEV、アウトランダー、RVR、eKワゴン等5車種のドアについて(対象の追加)(2017/04/06)

以下のようなリコールにより、アウトランダーPHEV等のドアラッチを交換するそうです。
ただし、エアバッグの時のように準備に時間がかかるようです。
乗降扉のドアラッチにおいて、構成部品の製造が不適切なため、部品の精度が規格を外れているものがあり、 気温が高くなるとロック機構の動きが悪くなることがあります。 そのため、乗降扉が確実にロックされず、最悪の場合、運行中に乗降扉が開くおそれがあります。 
アウトランダーPHEV:リコール等対象車両検索
  • リコール対象車の車台番号の範囲:GG2W-0108647 ~ GG2W-0310696 
  • 製作期間:平成27年4月23日 ~ 平成28年3月15日
  • 台数:10,560

↑このページのトップヘ