「電気自動車ニュース」は、EVオーナーズクラブ(EVOC)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

中国が5年で「EV先進国」に。中島聡が予測する自動車業界の未来(2017/12/27)

記事では、これから3~5年ぐらいで自動車業界に起こるであろう近未来とさらにその先の未来を、「EVシフト」「自動運転」を中心に描いておられます。

この中でEVシフトの一番の課題として、リチウムイオン電池をあげておられますが、そのリチウムイオン電池生みの親のインタビューを載せたのが以下の記事です。

EV普及による変化を見据えよ-リチウムイオン電池生みの親の吉野氏(2017/12/27)

この記事で印象的なのは、『将来、無人自動運転が普及すれば、カーシェアリングが広がり、「世の中にマイカーはなくなり、片道の走行距離は300キロ走れば十分」な状況になる』という指摘です。シェアするようになると1台あたりの電気自動車が長い『距離を走ることになり(電池の)耐久性が重要になる』【()内はこのブログで加筆】というところです。(以下、適宜加筆しています)

長距離運転をするにしても個人所有の車であれば、経路上での急速充電や過去何度も検討されてきたバッテリー交換といった電気を補充する手間がいりますが、「無人」自動運転のカーシェアリングであれば、あらかじめ200キロ先の休憩する高速道路SAなどに配車を依頼しておけば、そこまで乗ってきた車から別の車に荷物を載せ換えるだけで充電する必要はなくなります。無人になった車はシェアリング専用の駐車場へ自動運転で戻り、無線方式で再充電されるでしょう。

もっと想像を膨らませれば、東京から大阪へと目的地を告げた時点で、AIが地形データと配車された電気自動車の電池残量を考慮して、乗り継ぐ車を適切なSAなどに事前に用意してくれるでしょう。そして、こうした運行が可能になると、経路上の「急速充電器」は不要になりますから、「充電に30分」ばかりか「充電待ち」も過去の言葉になるかもしれません。

現在は、何かというと電気自動車の欠点の一つとして、短い走行距離も問題にされ、自動車メーカーも電池メーカーもその高性能化に躍起になっていますが、「300キロ走れば十分」となれば、今ある電池性能でも問題がないことになり、課題はその低価格化と劣化しにくい高耐久性へと移ることになります。

そうなると、流行りのように盛んに取り上げられる「全固体電池」も「低価格」「高耐久性」という課題を乗り越えなければ、シェアリングの時代には生き残ることができないということになります。全固体電池の開発に時間がかかれば、その間にリチウムイオン電池の価格がその差を取り戻せないぐらい下がるかもしれず、その場合、全固体電池はデビューすることさえできないかもしれません。

将来は、電気自動車と自動運転が有望だと言われていますが、未来予想図でいうところのイギリスやフランスでガソリン車などの販売が禁止される今から22年後の2040年というと、日本では超高齢化社会になり、人口の減少にともなって税収も減り、道路や橋といったインフラの修理も追いつかなくなる中で、自動車自体のありようはどうなってゆくのでしょう。

ちなみに2040年には24歳になる2016年生まれの子は約98万人で、昨年に約131万人亡くなっていますから、1年間で約33万人も減っています。この人数は、沖縄県那覇市規模の都市が一つ消えてなくなったのと同じです。

そういった社会環境の中で、カーシェアリングが広がりマイカーといった概念もなくなり、自動車の販売数も何分の一かに減れば、はたして今の自動車メーカーや自動車産業自体が生き残ることができるのでしょうか、これからは先の吉野氏が言うところの「社会の変化を見据えた技術開発」がますます必要となるのでしょう。

近未来では、電気自動車を取り巻く環境がどのようなものになるのか楽しみでもありますが、「社会の変化を見据えた」とは思えない水素スタンドにかける政策を見ると不安でもあります。(電気を貯める素材としての『水素』には期待しますが)

今年1年、電気自動車ニュースをご覧いただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

(【FORZA STYLE】 メルセデス・ベンツが描く未来のクルマとは?) 

三菱自動車 2017年11月度 生産・販売・輸出実績(2017/12/27)

リンク:2017年11月 軽四輪車 通称名別新車販売確報(全国軽自動車協会連合会 - 統計資料)

11月は、前月よりもわずかながら販売台数を増やしていますし、燃費不正の影響を引きずっていた昨年同月と比べると大幅に数が増えています。世界的にEVシフトの情報が流れる中で、電気自動車が注目されたのかもしれません。

2019年にも次期軽EVが発売される可能性が出てきましたが(日産と三菱の軽EV)、買え控えになる前に、「軽」のアイミーブを、Mグレードを買うなら今しかないに書いたように来春に三菱では、アイミーブを軽自動車から普通車へ車格を上げるそうですから、今後12月から年度末にかけて駆け込み需要はあるかもしれません。
1

2009年11月から2017年11月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値)

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

国内販売総数

10706

6551

40148

1018

↓2017年度合計

102

183

2782

3

03月




02月




01月



12月




11月
2018235-
10月
1416237-
09月
1317568-
08月
1216293-
07月
10302801
06月
1332487-
05月
13354001
04月
7192821

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2016年度合計

145

205

3625

43

03月
14378464
02月
30
66
459
2
01月31111904
12月
216244-
11月
753114
10月
11
2
486
8
09月
2
4
(未発表)1
08月
7
3
151
3
07月
10
11
261
2
06月
1521
253
9
05月
10
20
174
3
04月
6
9
250
3
アイ・M
ミニキャブ・M
アウトランダーPHEV
M-トラックは2016/03をもって製造中止
↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月
10
8
955
6
02月
39
71
1317
20
01月
31
23
801
6
12月
35
21
518
11
11月
23
27
814
8
10月
21
26
1145
4
09月
73
57
1896
15
08月
68
44
1313
9
07月
73
32
2383
9
06月
59
51
221
19
05月
38
45
289
14
04月
19
18
188
5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月
60
44
796
22
02月
82
52
603
25
01月
84
84
830
20
12月
70
57
608
22
11月
92
76
558
22
10月
102
93
538
18
09月
97
110
1450
6
08月
51
87
457
10
07月
102
124
700
4
06月
41
17
1300
14
05月
25
12
563
10
04月
18
25
226
8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月
130
124
736
30
02月
238
98
1630
16
01月
55
42
1298
17
12月
82
59
1488
9
11月
66
92
1705
9
10月
75
93
560
15
09月
95
137
772
21
08月
54
71
776
9
07月
68
93
-
14
06月
70
79
-
9
05月
62
71
-
7
04月
100
71
3
25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月
358
344
1719
269
02月
377
317
2079
167
01月
79
58
506
48
12月
137
121
11月
189
133
10月
141
128
09月
212
197
08月
86
107
07月
157
200
06月
288
256
05月
142
134
04月
39
31

アイ・M

ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552

1927

三菱発表 2012/03
国内外 累計:26000

03月
117
123
02月
446
590
 
 
01月
341
467
 
 
12月
359
747
 
 
11月
326
MINICAB-MiEV
12月販売 
 
 
10月
244
 
 
 
09月
340
 
 
 
08月
207
 
 
 
07月
61
Mグレード販売
 
06月
40
 
 
05月
34
 
 
04月
37
 
 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 
 
03月
102
震災
 
 
02月
321
 
 
 
01月
219
 
 
 
12月
164
 
 
 
11月
172
 
 
 
10月
179
 
 
 
09月
277
 
 
 
08月
221
 
 
 
07月
383
 
 
 
06月
390
 
 
 
05月
53
 
 
 
04月
61
個人販売
 
 

アイ・ミーブ

 
 
 

↓2009年度合計

748
 
 
 
03月
101
02月
151
01月
188
12月
145
11月
163
(これより以前のデータはなし。「i-MiEV(アイミーブ)」は2009年7月23日から法人販売)

11月26日に三菱自動車工業 岡崎製作所で開かれた「MMF2017」(Mitsubishi Motors Fan)に電トラことミニキャブミーブ・トラックで参加してきた報告をMitsubishi Motors Fan 2017(2017/11/28)でしましたが、 その時に雑誌「driver」が会場を取材されていました。

もしやと思い、12月20日発売の2月号を買い求めたところ、136-137ページに「MMF2017」の様子が掲載されており、その中の「マニアックなクルマやオーナーを直撃! 偏愛オーナー大集合」のコーナーに私の「こたつにミカン・トラック」を「みかんを食べる?」「お父さん」として載せていただきました。

IMG_2752
(当日の様子)

P1170013
(「driver」2月号の表紙)

全固体電池に関する話題を3題

トヨタと織機、EV電池提携 グループで開発加速(2017/12/24)

トヨタと豊田自動織機は、リチウムイオン電池の性能向上や、「全固体電池」の実用化に向けた共同開発などを検討していると報じています。

戦略2018(4)アップル特需 次はテスラ?(2017/12/23)

村田製作所社長がインタビューの中で、ソニーの電池事業を買収したことに関連して「全固体電池」の開発に触れています。

ホンダ、日産も次世代電池開発へ EV長距離走行「勝ち技の可能性」(2017/12/22)

ホンダと日産が、「全固体電池」をそれぞれ開発していると報じています。ただし、日産はリチウムイオン電池の事業をおこなっていた「オートモーティブエナジーサプライ(AESC)」をすでに譲渡していますから、研究は続けていてもおかしくはないですが、事業化に結びつくような本格的な開発となると、その報道には疑問が残ります。

最初に記事にもありますが、EVシフトがすすむとエンジンに限らず関連産業が縮小するかもしれないので、そのときの保険を様々な会社が模索しているのでしょう。しかし、出るぞ・出すぞと話題は打ち上がりますが、なかなか具体化しない・実用化しないのが「全固体電池」の現実です。

日産、軽自動車タイプのEVを2019年発売か…リーフ技術採用、三菱にも供給(2017/12/25)

日産と三菱の合弁会社NMKVから軽自動車の電気自動車を、2019年にも発売する可能性が高いと報じています。アイミーブの後継車はウワサになりながらもなかなか出てきませんでしたが、ようやく具体的な情報が出てきました。
なお、記事中の画像は予想CGです。
15
(日産の軽・デイズの画像:日産のHPより引用)

10月に出した三菱の中期経営計画(2017/10/18)では、2020年以降に軽自動車EVを含め主力モデルに電動化パワートレインを用意するとのことでしたが、記事によると開発は順調にすすんでいるとのことで、2019年に前倒しになるのかもしれません。

また、記事によると、車速に応じた車間距離を保つように車間制御などを行う「プロパイロット」を採用し、一充電航続距離は200kmを目指しているとのことですが、軽自動車の電気自動車には、リーフとは違った立ち位置・価格の安さも求められますから、様々なシステムはオプションで用意して価格帯を選択できるようにしてほしいものです。「プロパイロット」は確かに便利ですが、自動車道などを頻繁に使わない街乗りだけのユーザーには高価なシステムです。

また、仕様を増やすとコストがかかってしまうかもしれませんが、200kmにこだわらず、軽自動車は近距離使用が多いことを考慮して、現行のアイミーブ16kWhと10.5kWhのように電池容量も複数から選ぶことができるとより商品の幅が広がるでしょう。できればアイミーブMグレード10.5kWhに載っている東芝のリチウムイオン電池「SCiB」のように劣化の少ない電池を選択してほしいです。

東芝 EV用電池開発 6分で充電320キロメートル走行(2017/10/03)「2019年度の製品化を目指す」

いずれにせよ、規格変更により来年度からアイミーブが普通車になってしまう状況を早く脱して、軽自動車の電気自動車普及を進めてほしいものです。 

未来予想図(2017/12/08)

↑このページのトップヘ