「電気自動車ニュース」は、EVオーナーズクラブ(EVOC)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

滋賀県内の充電器リストを更新(2017/06/15)で滋賀県内には急速充電器が118カ所(119基)、200Vの普通充電器が179カ所(249基)あると書きましたが、その変遷はどうなってきたのか自身のHPで調べてみました。

4年前の滋賀県内 充電器リスト(2013/05/12)によると、急速充電器20カ所、普通充電器84カ所と書いていました。充電器は、この4年間で下の地図にあるようにびわ湖の周りを埋め尽くし、急速充電器だけでも約100カ所も増えたことになります。また、その当時は、「〜にもなっています。ずいぶん増えてきましたが,普通充電器の多くはトヨタのプラグインハイブリッド用にトヨタ系列の販売店に設置されたもので,あまり一般的とはいえません」とあります。そのトヨタがプリウスPHVの発売に合わせて、一般にも公開したことは隔世の感があります。

42

(画像:左はCHAdeMO協議会2013年当時の急速充電器設置マップ、右はEVsmartより引用)

ちなみに、2016.10.19現在(pdf)では急速充電器110、普通充電器 200 でした。

他県では、データは2015年(2014年H26年度補正)と古いですが、次ぎで設置計画などを検索することができます。 地方自治体等のビジョン検索

4年前、電池容量の少ないアイミーブMグレードでは琵琶湖を一周する「ビワイチ」をすることは少々不安がありましたが、このように充電インフラは充実してきており、現状では、全く問題がありません。しかし、先の道の駅などに急速充電器設置(2017/06/11)にも書きましたが、今後のこの充電環境には不安があります。

急速充電器はもう増えないのではないか、今後は減少に転じるかもしれないという不安です。

急速充電器の増加が頭打ちになっていることは、CHAdeMO協議会が発表している下のグラフ(緑色の折れ線)でも明らかです。道の駅などに急速充電器設置(2017/06/11)にも書いたように、現在新設されているところはそのほとんどが「道の駅」で、滋賀県も例外ではありません。県内残り5カ所ほどの道の駅で整備が完了すれば、導入や維持に高いコストを払ってまで整備するところはありそうにありません。

17
(画像:CHAdeMO協議会の資料より引用)

また、次期リーフのように今後一充電走行距離が300kmや400kmの電気自動車が走り始めれば、目的地までの途中で充電する「経路充電」そのものの回数が減るでしょうし、使用される回数が減ればさらに充電器の維持は困難になります。一時期増えたコンビニの急速充電器は維持コストを少しでも減らすために20kWhや30kWhといった中速のものが導入されていますが、充電に時間がかかることからかえって敬遠されることになり、場所によっては使用が少ないために維持コストばかりがかかるという悪循環に陥っているようです。道の駅などに急速充電器設置に書いたように駅自体の存亡も危ういのです。

このことは、急速充電器の減少にもつながりかねない大きな問題とつながっていきます。国の補助金で設置した充電器の「保有義務期間」「5年」と関わっての問題です。

最初に書いたように、滋賀県内に急速充電器が20カ所しかなかった時期は4年前です。ですから、あと1年足らずで廃止しても補助金を返納する義務はなくなるわけで、コンビニにしても道の駅にしても売り上げ増に結び付くと充電器を設置してみたが、利用はそれほどでもなく、かえって維持コストばかりかかって負担になっていては、撤去されてしまってもおかしくはないでしょう。

充電インフラが整備されている安心感があるからこそ、電気自動車はどこへでも行くことができます。一充電走行距離が長くなっても、この安心感は電気自動車にとって何物にも代えがたいものですから、少なくとも今の充電インフラをどのように維持し、今後拡大していくかの方策を、自動車メーカーばかりでなく、ユーザーも考える必要がでてくるかもしれません。

滋賀県内の充電器リスト(2017/06/13更新)

しばらく更新していなかった滋賀県内の充電ポイント一覧表(pdf) を新しくしました。県内には急速充電器が118カ所(119基)、200Vの普通充電器が179カ所(249基)あります。普通充電器の基数が場所の数よりも大幅に多いのは、ピエリ守山(守山市今浜町2620-5)1カ所に63基あるからや他にも複数基ある所があるからです。また、200Vの普通充電器にはカウントしていませんが、テスラ専用の充電器が一つ、宿泊施設にあります。

抜けていた「新名神高速道路 土山SA」やプリウスPHVの発売に合わせて公開されたトヨタ系販売店を加えたために、普通充電器数は以前よりも大きく増えました。

リストの中で「予定」としているところは、以前や現在の滋賀県次世代自動車充電インフラ整備ビジョンに載っていた場所で、「道の駅」以外は計画後いまだに設置されないところを見ると、今後設置される可能性は低いものと考えられます。

リストの確認に使用した充電検索サイトのEVsmartGoGoEVにも載っていないところが1カ所あったので、書き出しておきます。(両サイトには登録申請済み)

あいきょうの森」(滋賀県東近江市和南町2191)
  • 200V
  • 使用申込:事務所にて受付
  • 使用料:1台につき300円
  • 利用時間:9:30~17:00(事務所の営業時間に準ずる)
  • 休止日:年末年始(その他臨時休業日の場合) 

「新しいEVはBセグメント中心」、本田技術研究所社長(2017/06/09)

ホンダは、今秋のオートショーで公開するという電気自動車について、以前リース販売されていたフィットEVと同じコンパクトカーサイズのBセグメントが中心になると伝えています。

「中心」というのは曖昧な言葉ですが、仕様によってはCセグメントとのグレードも用意するということかもしれません。4月に上海で開かれていた上海モーターショーでは、人工知能を搭載したコンセプトカー「Honda NeuV(ニューヴィー)」を発表していましたが、そこまでは小さくならないようです。
09
フィットEV画像:HondaのHPより引用)

また記事では、フィットEVの一充電走行距離225kmを伸ばすとも書いていますから、フィットEVの電池容量だった20kWhから、少なくとも30kWh、次期リーフでウワサされる40kWhを越えてくるのでしょう。

さらに「超急速充電」で15分150マイル(約240km)とありますから、CHAdeMO協議会が新しく策定した高規格に対応するようです。150キロワットの急速充電器(2017/03/29)

フィットEVには、高入出力に対応した東芝のリチウムイオン電池「SCiB」が使われていましたが、「超急速充電」にも対応した電池は何が採用されるか今から楽しみです。

いよいよHondaもEV(2017/06/09)

充電設備補助金 公募申請 5月末日採択結果のお知らせ(2017/06/08)pdf

次世代自動車振興センターが2017年5月末の補助金申請の採択結果を上のように公表しています。

道の駅に急速充電器設置(2016/10/19)にも書いたように、今回もそのほとんどが「道の駅」です。一時期大量の設置があったコンビニでの新たな設置がほとんどなくなった今、一番期待できるところが道の駅です。
以前には、「コンビニのように簡単に閉店はしないでしょう」と書きましたが、関係者に取材してみると道の駅たる条件の一つ「地元産の品物を販売していること」が、出品者の高齢化によって年々品数や量が減り危ぶまれているそうです。また、今までは軒先を利用した天日干しなどの加工品(ドクダミの葉など)はそのまま出品されていましたが、法律の改正により数年後は衛生的に管理された加工所を設け、そこで干したものでなくては店に出すことができなくなるそうです。農家の高齢者でそこまでできるわけがないと頭を抱えておられましたから、道の駅の将来も明るいものではなさそうです。

既存の急速充電器設置場所も、今の維持費と設置のメリットとを比べると、その存続が危ぶまれていると聞きますから、充電インフラを維持する方策を考えておかなくてはならない時期に来ているようです。

富士スバルラインでEVパレードラン追加登録開始(2017/06/05)

7月11日(火)、山梨県富士河口湖町と富士山五合目付近とを結ぶ「富士スバルライン」で、電気自動車やFCVによるパレードランを行うそうですが、その事前登録車を電気自動車オーナーズクラブ(EVOC)が募集しています。
詳しくは、上記リンク先をご覧ください。

主  催:山梨県
日  時:2017年7月11日(火) 11:00集合予定
集合場所:富士北麓駐車場 P3(専用入り口より入場)
内  容:
  • オープニングセレモニー
  • 富士山5合目で報道機関の取材
  • 富士北麓駐車場 P3 に戻って簡単な情報交換会(希望者のみ)
  • 終了後希望メンバーのみで懇親会(17時~20時ごろ)

↑このページのトップヘ