「電気自動車ニュース」は、EVオーナーズクラブ(EVOC)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

2017年ニューヨークオートショーで「CLARITY PLUG-IN HYBRID」と「CLARITY ELECTRIC」を世界初公開(2017/04/13)

Hondaはニュースリリースで、ニューヨークオートショーにおいて、「CLARITY ELECTRIC(クラリティ エレクトリック)」などを世界初公開したとしています。
1492045219445
(HondaのHPより引用)

クラリティ エレクトリックは、2016年3月に日本で発表された燃料電池自動車(FCV)「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」と共通のプラットフォームを使用した電気自動車ですが、Hondaが2030年に「販売数の3分の2をPHEVとハイブリッド、およびFCV・バッテリーEVなどのゼロエミッションビークルに置き換える」という数値目標のほとんどが、PHEVではないかと思わせるような電気自動車です。

たとえば、クラリティ エレクトリックは2017年中に市販するのではなく、「カリフォルニア州・オレゴン州でリース販売」するのだそうですし、これから出すというのに、現行リーフの30kWhのバッテリーより少なく、24kWhのよりも少し多いだけの25.5kWhです。そのリーフも2017年内に新型を発売し、そのバッテリー容量は40kWhとも60kWhとも噂されていますから、Hondaは他社に競り勝つ気があるのかはなはだ疑問です。また、最終版を7月に発表するというテスラ「モデル3」は、バッテリー容量を公表していませんが、走行可能距離は345kmとしていますから、約128kmのクラリティ エレクトリックとは比べるまでもありません。さらに「モデル3」は、現行の車種のように発売後もシステムが随時アップデートされるでしょうし、グレードアップに備えた自律走行用のハードウェアも搭載されているようです。

将来の完全自動運転に対応したハードウェア搭載(テスラ)

ただし、クラリティ エレクトリックは、「お求めやすい価格」で提供するとしていますから、そこが残されたアピールポイントですが、PHEVでさえ3万ドル台半ば(300万円台後半)だそうです。バッテリーを多く積む電気自動車はそれよりも高くなるのが普通ですが、「モデル3」は、「最低価格」とはいえ3万5千ドルからです。残された牙城も崩れそうな、理解に苦しむHondaの戦略です。

(加筆)
2011年8月から10.5kWhの電気自動車に乗るユーザーとしては、25.5kWhでも十分だと思いますが、多ければ多い方が安心感が増し、乗り慣れていない人にアピールすることは確かです。
電気自動車が市販化された当初は車両価格の半分が電池代だと言われましたが、今ではその当時の半分以下になっています。ですから、今10.5kWhの電気自動車を出せば、「お求めやすい価格」になるはずですが、電気自動車の欠点の一つとして航続距離の「短さ」がどうしても取り上げられるために、求められる電池容量が増え、結果的に車両価格は高止まりしています。
その同じような価格帯で、電池容量が少ないことから他社よりも航続距離は短く、グレードアップも望めないようでは、 競争に勝つことは難しいだろうと思います。

カリフォルニア州などの排出ガス規制は、販売台数の一定の割合を電気自動車やPHEVなどにするというものですから、売れなければカウントされません。そんなことは素人に言われなくても百も承知のHondaでしょうから、「数値目標のほとんどが、PHEVではないか」と予想するのです。2012年8月に発表されたフィットEVでデータは十分得ているにもかかわらず、「リース販売」が示しているように、いまだに電気自動車はラインナップの「オマケ」にすぎないのでしょう。
軽のスポーツ車「S660」が発表になった後、すぐに試乗に行ったことがある者としては、Hondaにはがんばってほしいのですが・・・。

ロシアで2018年に電気自動車工場の建設がスタート(2017/04/12)

ホンダはアメリカでEVとPHEVの販売を今年中に行うそうですが、記事によるとロシアでも日本企業との共同プロジェクトでEVが作られる計画があるそうです。
ただし、記事には「日本企業1社」とあるだけで、メーカー名は書かれていません。ロシアでの日本自動車メーカーのシェアは、「ロシア自動車市場最新動向 2015年の実績と2016年以降の予測」によると、高い方からトヨタ、日産、三菱、マツダだそうですから、この中にその1社があるのかもしれませんが、記事には「日本の小型車を電気自動車へ変えるのに多額の費用は必要ない」とも書いていますから、中古車を電気自動車へとコンバートするのかもしれません。

盛り上がりに欠ける日本の電気自動車市場ですが、世界の中では動きが広がりつつあるようです。

みらいの島 共同プロジェクト本格始動(2017/04/12)

住友商事、日産自動車および、鹿児島県薩摩川内市は、上甑島(かみこしきしま)に「e-NV200」40台を導入し、「みらいの島」共同プロジェクトを始動したことを発表しています。

また、同時に電気自動車の使用済み蓄電池を用いた「リユース蓄電池共同実証事業」も行うそうです。電気自動車は、“走る蓄電池”としても活用されます。

島のように輸送によりガソリンが割高になる地域には、電気自動車は有用です。何よりも、島内でまかなうことができる太陽光や風力発電といった再生可能エネルギーを、電気自動車の充電にそのまま使うことができるので、資源の有効活用をすることができます。それはエネルギー面で自立することができるということです。

このプロジェクトが上手く展開すれば、同じ仕組みは「日本」でも広げることができるのではないでしょうか。「日本」も「島」ですから、日本も「みらいの島」になり得るはずです。
石油は、遠い産油国から船で運ばれてきますから、自国で石油が出る国に比べると割高になっています。いうまでもなく、エネルギー消費にかけたお金は、すべて産油国へ流れて行っています。
北国の冬は難しいですが、太平洋側は冬も太陽光発電が活用されています。また、渡り鳥の衝突問題は避けなければなりませんが、風力発電の適地は、周りを海に囲まれた日本では全国に多数存在するでしょう。さらに、地震国「日本」には、地熱発電に適したところもたくさんありますし、間伐時期を迎えたスギやヒノキは大量にありますが、切り捨てられて放置されているものも大量にありますから、それらを利用したバイオマス発電もできます。そのような再生可能エネルギーを有効活用して車に使うことができれば、安全保障もからんだ日本が抱える資源問題の一つは解決するでしょう。

なお、島内には、約400台の乗用車が走っているそうですから、今後はその一割が電気自動車ということになります。
日本国内をみると、2016年時点で二輪車も含めて約8090万台の自動車があるそうですから、その一割が電気自動車となると809万台となりますが、2016年には6万4千台ほどです。ほど遠い数字に思えますが、現在の外国メーカーの電気自動車重視の傾向や日本の人口が減り続けていくことを考えると、案外一割普及という数字は速くくるかもしれません。
131114-01-01
(「e-NV200」画像:日産のHPより引用) 

(加筆)
離島に電気自動車40台導入 鹿児島、住民が活用法発信(2017/04/12)

日産のページには書いていなかったのですが、上の記事によると3年間の期限付きだそうです。日産がすすめている無償貸与事業の一環でしょうから仕方ないのでしょうが、3年では根付くかどうか微妙かもしれません。 

5/13,14 次世代エコカー&エネルギーフェア2017inODAWARA開催!(2017/04/10)

電気自動車オーナーズクラブ(EVOC)主催の「次世代エコカー&エネルギーフェア2017inODAWARA」が、2017年5月13・14日(土・日)の両日に小田原ダイナシティWEST 西武で開催されます。日程などは以下のようになっています。
後援:神奈川県・小田原市とスマートシティプロジェクト

2017年5月13日(土)10~17時(1日目)
  • EVOCカンファレンス2017 in ODAWARA(会場:川東タウンセンター「マロニエ」)
  • エコカー展示試乗会
  • 充電器関連やV2H・太陽光発電・エネルギー関連など展示 
  • 懇親会(EVオーナー・メーカー・自治体との交流会)
2017年5月14日(日)10~17時(2日目)
  • 最新EV&PHEV、次世代エコカー 大展示試乗会!
  • 簡易電動2輪3輪車輌試乗会
  • 充電器関連やV2H・太陽光発電・エネルギー関連など展示
「EVOCカンファレンス2017 in ODAWARA」 への参加・申込みはリンク先にある必要事項をご記入の上、4月末までにEVOC事務局へお申し込みください。

P1120414
(昨年のEVOCカンファレンス2016) 

「滋賀日産リーフの森」への電気自動車用急速充電器の設置について(2017/04/07)

滋賀県では、栗東市にある「滋賀日産リーフの森」で4月20日(木) 午前11時から急速充電器が利用できると告知しています。(補足:命名権を滋賀県が滋賀日産に売っているので、このような命名になっています。森の管理は滋賀県がおこなっています)
滋賀県次世代自動車充電インフラ整備ビジョンには、住所が「栗東市荒張1-11」とありましたから、「道の駅こんぜの里りっとう」と思い込んでいましたが、駐車場が隣り合わせてある「滋賀日産リーフの森」への設置でした。
なお、「滋賀日産リーフの森」の利用時間は、9時~17時となっていますが、駐車場は24時間利用できるそうです。(補足:充電器は駐車場にあるので、24時間利用できます)

滋賀県内の充電器リスト 

↑このページのトップヘ