2007年より気になった電気自動車関連のニュースを、コメントとともに書きとめています。記事によっては、時間がたつとリンク切れする場合があります。

ホンダ、新型電気自動車とオートバイが世界的な権威のデザイン賞を受賞!(2020/04/05)

「Honda e」の「ホクロ」(2019/03/12)などに書いてきたように、個人的には「Honda e」のキュートなデザインを台無しにしてしまっていると思うボンネットに「ホクロ」(充電口)ですが、記事には「レッド・ドット」デザイン賞で、プロダクトデザイン賞(自動車)の最高賞である「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞したとありました。

レッド・ドットとは、「世界的に最も権威あるデザインに関する賞の一つ」だそうですから、私が『「あばたもえくぼ」的に鼻の下にある大きなホクロが、素敵に見えるときもありますが、「Honda e」の「ホクロ」は「ここに充電口があります」と主張しているとしか思えませんし、ガソリン車との違いを表面的に出しているとしか見えません。 』とデザイン的にはどうかと書いたのは好みの問題であり、センスがなかったのは私の方だったようです。

私の色のイチオシは、「ホクロ」の「黒」がボディカラーに溶け込んで、その存在を見えにくくしている「クリスタルブラックパール」です。
予算的に買えませんが。

乗ったら惚れる!電気自動車の魅力(2020/03/31)

くらしとお金の経済メディア・サイトの「LIMO」に載った記事です。

デメリットに触れた部分には間違いや誤解が見られるものの、こうした自動車専門サイトでない所で取り上げられると、広く電気自動車を知ってもらうことができます。

「ガソリンスタンドのように充電スタンドがすぐ見つかるわけではありません」

この文書修正するなら、以下のようになるかもしれません。「充電スタンドはすぐに見つけることができますが、地域により充電スタンドの数が違うために、そこへたどり着くことができる時間はさまざまです。」

ライターは電気自動車に詳しくないのでしょう。充電スタンドを探すには、EVsmartGoGoEVといったサイトがありますし、それぞれに対応したiOS版やAndroid OS版のアプリもありますからスタンドを探すだけならすぐに見つけることはできます。また、各自動車メーカーから出ている専用のアプリもありますから、そこに出てくる情報を元に、今先客がいるかどうか、充電し始めてから何分ぐらいたっているのかを知ることもできます。
スクリーンショット 2020-04-02 19.35.41
(三菱車向け電動車両サポート
さらに先客がいる場合、周辺の空いているスタンドを探すことも簡単です。

「電池の持ちが心配なら「レンジエクステンダー」という選択肢も」

レンジエクステンダーEVの例としてBMW「i3」を取り上げていますが、「i3」にはエンジンのない純粋な電気自動車グレードもあります。

 

経済対策として「電気自動車券」を盛り込む方針を固めたようです。

4月以降に電気自動車を購入する際、額面100万円の券として使用することができるそうですし、現在の電気自動車所有者もそれでテレワーク利用をすれば、月額5千円の券としてを電気代や電話代の支払いにあてられるようにするとのことです。

外出自粛によりテレワークが推奨される中、稼働率が下がっているホテルや貸し会議室では個人利用を見込んだプランを売り出しているそうですが、そこへたどり着くために公共交通機関を使っていては何のための「外出自粛」かわからなくなります。(駐車場無料の所もあるようです)

また、在宅勤務を言われても子どもが小さい場合は集中して仕事をすることは難しいでしょうし、ホテルなどの利用も交通費や部屋代が会社から出なくては、費用は個人の持ち出しになってしまいます。

そこで、個室そのものである電気自動車の車内を活用しようとするものですが、これにより公共交通機関を使う必要はありませんし、駐車スペースさえあればどこでも仕事をすることができます。窓を開ければ換気も十分です。

電気自動車は、動く発電機ですからパソコンなどの電気の供給を心配することはありませんし、エンジン音のない静かな車内で集中することができそうです。また、エンジンがありませんから、排ガスや騒音で駐車している近所に迷惑をかける心配もありません。

情報源


(例年にない付け足し)
電気自動車シフトと世界的にいわれながら、なかなか日本で普及しない理由は、その高い車両価格にもありますから、今回のようなピンチはチャンスに変える機会になるかもしれませんが、「魚券」や「牛肉券」のように今かける重点ではないでしょう。
石油を外国に頼る日本にとって、国家戦略上も有意義な電気自動車を増やす政策をピンチでないときに実現してほしいものです。

三菱自動車 2020年2月単月 生産・販売・輸出実績(2020/03/30) 

2020年2月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報(全国軽自動車協会連合会 - 統計資料)

アイ・ミーブ
普通車は、1月に少し持ち直しましたが、また一桁に逆戻りです。

アウトランダーPHEVはここ3ヶ月の300台を越えて499台と伸びました。今年10月頃、モデルチェンジするようです。
また、メディアによっては、パジェロがPHEVで復活するとする予想するところもあります。
三菱 パジェロ がPHEVで復活へ…デザインは「コンセプトGC」継承か(2020/03/26)

ミニキャブ・ミーブは、日本郵便がEV 1200台導入(2019/03/27)関連の納品が続いているようで、2020年2月の153台は、2013年3月の344台以来の台数となります。
1
2009年11月から2020年2月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値を含む)

アイM軽

ミニキャブ・ミーブ

アウトランダーPHEV

アイM普通

国内販売総数

10814

7550

53672

168

↓2019年度合計

0

601

4575

98

03月
0 0 0 0
02月
0  153 499  7
01月
0  32 392 14
12月
0  64 349
4
11月
0 99 308
10月
0  62 228  21
09月
0  64 1099 17
08月
0 43 258 4
07月
0 59 423 16
06月
0 14 439 8
05月
0 4 355 3
04月
0 7 225 0


アイM軽

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

アイM普通

↓2018年度合計

43

296

6780

70

03月
5 4169610
02月
2 484585
01月
2 1644913
12月
0 76839
11月
0 339130
10月
3 1955710
09月
3 2112474
08月
5 216787
07月
2 303303
06月
11314055
05月
881974
04月
2211670
(2018/03 アイ・ミーブ 軽自動車規格の製造中止)
(ミニキャブミーブ・トラック2018年3月で掲載中止。2016/03製造中止。
 2012年の発売以来国内販売総数1018台

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2017年度合計

167

285

4951

3

03月
1531665-
02月
1226
576
-
01月2430585-
12月
1415343-
11月
2018235-
10月
1416237-
09月
1317568-
08月
1216293-
07月
10302801
06月
1332487-
05月
13354001
04月
7192821

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2016年度合計

145

205

3625

43

03月
14378464
02月
30
66
459
2
01月31111904
12月
216244-
11月
753114
10月
11
2
486
8
09月
2
4
(未発表)1
08月
7
3
151
3
07月
10
11
261
2
06月
1521
253
9
05月
10
20
174
3
04月
6
9
250
3
アイ・M
ミニキャブ・M
アウトランダーPHEV
M-トラックは2016/03をもって製造中止
↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月
10
8
955
6
02月
39
71
1317
20
01月
31
23
801
6
12月
35
21
518
11
11月
23
27
814
8
10月
21
26
1145
4
09月
73
57
1896
15
08月
68
44
1313
9
07月
73
32
2383
9
06月
59
51
221
19
05月
38
45
289
14
04月
19
18
188
5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月
60
44
796
22
02月
82
52
603
25
01月
84
84
830
20
12月
70
57
608
22
11月
92
76
558
22
10月
102
93
538
18
09月
97
110
1450
6
08月
51
87
457
10
07月
102
124
700
4
06月
41
17
1300
14
05月
25
12
563
10
04月
18
25
226
8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月
130
124
736
30
02月
238
98
1630
16
01月
55
42
1298
17
12月
82
59
1488
9
11月
66
92
1705
9
10月
75
93
560
15
09月
95
137
772
21
08月
54
71
776
9
07月
68
93
-
14
06月
70
79
-
9
05月
62
71
-
7
04月
100
71
3
25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月
358
344
1719
269
02月
377
317
2079
167
01月
79
58
506
48
12月
137
121
11月
189
133
10月
141
128
09月
212
197
08月
86
107
07月
157
200
06月
288
256
05月
142
134
04月
39
31

アイ・M

ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552

1927

三菱発表 2012/03
国内外 累計:26000

03月
117
123
02月
446
590
 
 
01月
341
467
 
 
12月
359
747
 
 
11月
326
MINICAB-MiEV
12月販売 
 
 
10月
244
 
 
 
09月
340
 
 
 
08月
207
 
 
 
07月
61
Mグレード販売
 
06月
40
 
 
05月
34
 
 
04月
37
 
 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 
 
03月
102
震災
 
 
02月
321
 
 
 
01月
219
 
 
 
12月
164
 
 
 
11月
172
 
 
 
10月
179
 
 
 
09月
277
 
 
 
08月
221
 
 
 
07月
383
 
 
 
06月
390
 
 
 
05月
53
 
 
 
04月
61
個人販売
 
 

アイ・ミーブ

 
 
 

↓2009年度合計

748
 
 
 
03月
101
02月
151
01月
188
12月
145
11月
163
(これより以前のデータはなし。「i-MiEV(アイミーブ)」は2009年7月23日から法人販売)

電気自動車(EV)総合情報サイト リニューアル

掲載されている記事には以下のようなものなどがあります。記事だけでなく動画なども豊富ですので、情報を得るサイトの一つとなるでしょう。
  • 電気自動車 自宅充電のメリット
  • 日産リーフ導入企業インタビュー
  • EV動画【日産×ぺこぱ】フルバージョン
  • 日産リーフ e+ 東京~軽井沢 距離往復約300㎞ 走行記録
  • 日産リーフ e+ 往復50km超通勤記録 冬編
  • 日産リーフ e+ 冬の北海道走行レポート 遠出編
スクリーンショット 2020-03-25 18.52.46
(画像:日産のHPより引用)

↑このページのトップヘ