「電気自動車ニュース」は、EVオーナーズクラブ(EVOC)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

国土交通省では、事業者にも「大気汚染問題への対応や地球温暖化の改善、省エネルギーの実現等を図るため」次世代自動車の導入に対する補助を実施しており、 2002年度から行っている制度を2017年度に見直して、事業 Ⅰ から Ⅲ の3つの事業に再編されています。

その中の事業 Ⅱ 「 電気タクシー、プラグインハイブリッドタクシー、電気トラック、充電設備の導入支援」にあった「電気トラック 」の言葉と「e-NV200」らしき写真に引っかかりました。リーフのタクシーなどは以前からありましたが、「e-NV200」は見かけなかったように思います。

低公害車普及促進対策費補助金交付要綱」によると「電気トラック 」とは、「電気自動車であって、貨物自動車運送事業の用に供する自動車をいう」んだそうです。で、貨物自動車運送事業を調べてみると、「ライトバン」は運送トラックの車両に含めて良いそうですから、「電気トラック 」のところにバンの「e-NV200」の写真が載っていたようです。

「ロボネコ・ヤマト」(2017/04/19) で取り上げた「e-NV200」は事業に使う車だから、電気自動車であっても補助金は出ないのではないかとのコメントを以前いただきましたが、しっかりと車両本体価格の4分の1」を補助してもらうようです。

25
(画像:国交省のHPより引用)

ホンダ、2018年に中国で電気自動車発売へ(2017/04/20)

アングル:トヨタがEV開発に本腰、中国の動きなどで戦略転換(2017/04/21)

ホンダは2018年後半に中国専用車を、トヨタは2020年頃、中国で電気自動車を販売する計画だと伝えています。また、トヨタはそれに先駆けて、2018年頃にPHVを販売する方針のようですが、ホンダは時期は未定ながらEVの後にPHVを発売するようです。
カリフォルニアやヨーロッパの排出ガス規制にそったかたちで、中国も規制をかけてくることがわかっていたにもかかわらず、ハイブリッド車がエコカーの範囲から外れることがわかっていたにもかかわらず、今の発表は周回遅れのような転換です。

これから先は 充電の時代よ♪(2016/11/08)

ただ、いよいよトヨタとホンダのEV市場への参加が始まるのですから、メーカーや車種の選択肢が増えるという観点からも期待は高まります。また、これは中国での話ですが、ブーメランよろしくいずれは日本へも返ってくる話になってほしいものです。

【先行試乗受付】テスラ デザインスタジオ福岡 4/29(土)オープン(2017/04/17)

テスラモーターズジャパンは、4月29日(土)福岡市に「テスラ デザインスタジオ 福岡」をオープンすると発表しています。(福岡市中央区地行浜2-2-3 ヒルトン福岡シーホーク内)

試乗予約フォーム
電話:0120-982-428
(営業時間:平日10時〜19時、土日祝日10時〜18時)
Retail Indoor_2
(画像:テスラHPより引用)
テスラ名古屋オープン

「テスラ 名古屋」が6月3日(土)、名古屋市にオープンすると発表しています。(名古屋市千種区千種3-35-13)

試乗予約フォーム
電話:0120-982-428
(営業時間:平日10時〜19時、土日祝日10時〜18時)

補助金受付は5月下旬から(2017/04/20)に書いたように、今年度は国の補助金が20万円以上減額され、持ち出しが増えるテスラ車ですが、もともと最低でも800万円以上する車種ばかりですから、この電気自動車の性能や可能性を考慮すると、購入層にとって魅力は変わらないでしょう。

「テスラは過大評価されている」と判断する5つの理由(2017/04/18)

クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)に関する お知らせpdf(2017/04/18)

次世代自動車振興センターは、電気自動車などを購入する場合に受け取ることのできる「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」の申請書受付を5月下旬頃からすると告知していました。

また、同時に今年度の補助金の算定方法を公表しており、既報した通り、電気自動車は「JC08 モード値の一充電走行距離(km)×1,000円」で上限額が40万円となっています。ちなみに昨年度は、「蓄電池容量(kWh)×11,000円」で上限額は60万円でした。さらに、この中で特筆すべきは、プラグインハイブリッド車は車種や一充電走行距離に関係なく、一律20万円出るということです。
車種ごとの正式な額はまだ公表されていませんが、以下は、公表されているJC08 モード値から推測した今年度と昨年度の補助額の比較表です。

59

前にも書きましたが、この表を見ると分かるように、算定基準改定で影響を大きく受ける電気自動車は、バッテリーをたくさん積んだことにより高額でありながら40万円の上限に達してしまう車と一充電走行距離が伸びない重い車です。たとえば、テスラのEVは今年度すべて上限の60万円が出ていましたが、これが40万円以下になります。また、日産e-NV200は、リーフの24kWhと同じ電池を積んでいますが、距離が出ない分、額が減ってしまいます。 BMW i3 のように容量の大きな電池を積み、車体が軽く、航続距離が長い電気自動車が今年度の補助金制度では有利です。

また、官僚が忖度(そんたく)したのか、プラグインハイブリッド車の特に新型プリウスPHVに非常に有利な改定となっています。あえてもう一度書いておきますが、「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」の事業目的は「CO2排出量の削減」であり、日本において「世界に先駆けてクリーンエネルギー自動車の市場を確立」することです。 にもかかわらず、リーフ以外は、プラグインハイブリッド車よりも一充電走行距離が長いのに補助金は少なくなっています。
補助金が徐々に減らされていくことは、その制度設計から仕方ないことですが、このような「目的」と「具体的な中身」との整合性がとれない制度では、成果目標としている「次世代自動車の普及を促進」は望むべくもないでしょう。

上海モーターショー、EVが主役 日本勢は出遅れか(2017/04/19)続きを読む

自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現をめざす「ロボネコヤマト」プロジェクト4月17日より藤沢市の限定エリアにて実用実験を開始(2017/04/16)

「ロボネコヤマト」プロジェクト

ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は、2017年4月17日(月)から2018年3月31日(土)の間、神奈川県藤沢市の一部エリアで、日産e-NV200を使った「ロボネコヤマト」プロジェクトを開始すると告知しています。

サービスは2つで、一つはe-NV200内に保管ボックスを設置したオンデマンド配送サービス「ロボネコ・デリバリー」で、もう一つは地元商店の商品を運んでもらうことができる買物代行サービス「ロボネコ・ストア」です。以下の「ロボネコヤマト」プロジェクト コンセプトムービーを見ていただくと、内容が良くわかります。

 

配送サービスの 「ロボネコ・デリバリー」から考えて、移動はヤマト運輸の営業所管内だけですから、一充電走行距離が短かめというe-NV200でも十分なのでしょう。また、現在は有人運転ですが、将来は自動運転の導入を予定しているそうですから、採用車両には電気自動車が欠かせないのでしょう。
_DSC3401
 (「ロボネコヤマト」プロジェクトHPより引用)

↑このページのトップヘ