「電気自動車ニュース」は、EVオーナーズクラブ(EVOC)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

インフィニティ、2021年より電動化へ(2018/01/17)

ルノー・日産・三菱の3社は、アライアンス 2022で2022年までに12車種のゼロ・エミッションEVを発売するとしていますが、日産は、2021年にインフィニティの100%電気自動車を発売するとしていました。
180117-01-01
(画像:日産のHPより引用)

日産も電気自動車の拡大は、テスラのような高級車からでしょうか。

軽自動車がベースのEVは、2020年や19年に投入のウワサがありますから、日本のメーカーでは先行している日産と三菱としては、EVモデルもバリエーションを広げて販売攻勢をかけてくるのでしょう。

日産・三菱 軽自動車EVを2019年発売か(2017/12/25)

未来予想図 

宮城工場への新工場建屋建設について(2018/01/15)

プライムアースEVエナジーは、トヨタ・ハイブリッド車の需要増加に対応するため、リチウムイオン電池の生産能力を増強すると発表しています。 

稼働時期は2年後の2020年前半の予定だそうですが、今から計画的に増産を計算していないと、車体はあっても電池が足りなくなると電動車にはなりえませんから、その時期に需要が十分に見込めるとふんでいるのでしょう。

GSユアサも需要の拡大が見込めると、ハンガリーにおけるリチウムイオンバッテリー工場の建設(2018/01/11)をおこなうと発表しています。 

以下は、プライムアースEVエナジーの発表を伝える記事ですが、プリウスPHVの急速充電の様子を記事に関連する写真として載せています。

トヨタの電動化戦略に対応…プライムアースEVエナジーがリチウムイオン電池の生産能力を増強へ(2018/01/16)

細かいことが気にかかる性分なもので、思わず写真に見入ってしまいました。バックに映る垂れ幕からすると、ここはトヨタディーラーではなくて首都高のPAのようです。トヨタは『電動化戦略』をすすめているのですから、2020年頃にはぜひとも自前の充電ネットワークで、リチウムイオン電池の性能を生かしてほしいものです。(おまけ:急速充電器には三菱のマークが)

トヨタは全固体電池の開発に向けてに資源を集中しているようですが、他社も製品化に向けてしのぎを削っているようです。

以下の記事では、日本電気硝子が、ガラス製造の技術を生かして、全固体電池の「室温駆動」に成功したと伝えています。

世界初!電極に結晶化ガラスを採用し、イオン伝導性を高めた「全固体電池」が登場(2018/01/10)

電気自動車のエネルギーはどこから?(2018/01/12)

「デロリアンEV化計画」というページで「EVのエネルギー源について」書いておられます。

この「電気自動車ニュース」が目指す「EV普及」も「CO2を増やさない持続可能な社会づくり」に寄与できればと考えています。電気自動車以外にもわが家では、消費するエネルギーを減らす工夫をしていますが道半ばです。こと車に関しては、「②再生可能エネルギーで発電した電気で走れるよう」自宅にも設備を整備できればと夢を描いています。

EV普及へ充電整備無償化=「脱ガソリン」で補助事業-都(2018/01/06)

都は、マンションなど集合住宅での充電設備設置費用を補助する予算案を盛り込む方針を固めたと報じています。集合住宅では、コンセントを一部の車(電気自動車)しか利用しないことから費用負担が障壁となって、設置できないことがあると聞きますから、これは朗報でしょう。

都、脱ガソリン車目指す…40年代に販売ゼロ(2018/01/06)には、「2040年代までに都内でのガソリン車販売ゼロを目指し」とあり、これが充電設備促進の理由だそうです。都はあくまでも「40年」としているようですが、2040年というとイギリスやフランスがガソリン・ディーゼル車の販売を禁止しようとしている年であり、それを意識してのことなのでしょう。

国の補助金と合わせれば、実質的に住民の負担ゼロになるのですから充電コンセントの設置は一見するとすすみそうですが、一方では集合住宅において法的に決められた数を確保しなければならない駐車場そのものが「荷物」になっているところもあるようで、「負担ゼロ」といってもそう簡単にはすすまないかもしれません。

知られざる地雷、「マンションの駐車場」問題
(2018/01/06)

この記事によると、「高齢化の進展でクルマを手放す住民が増える一方、若者のクルマ離れ」で駐車場の空き増えているというのです。この結果、駐車場収入が減りなかでも機械式や自走式の立体駐車場の維持・撤去費用がかさみ、大規模の修繕計画が狂いかねないともしています。

コンセント設置は無料ですから平面駐車場へはできやすいかもしれませんが、立体駐車場の維持費はかかりますから、駐車場利用が減っている中で将来撤去するかもしれない場所へ新しい設備を入れるか躊躇するかもしれません。(コメントいただいて一部加筆しています)

また、 この記事の最後には、『国土交通省都市局は「マンションに関して問題が起きているとの声は(国交省に)届いていない」と言い切る』と書いていますから、都にも、このような現状を伝える声は届いていないのかもしれません。

ちなみに、人口問題研究所の「『日本の世帯数の将来推計(全国推計)』(2018(平成30)年推計)」によると、世帯数も世帯人員もこれからますます減っていきます。
  1. 世帯総数は2023年をピークに減少開始、平均世帯人員は減少が続く
  2. 「単独」「夫婦のみ」「ひとり親と子」の割合が増加
  3. 世帯主の高齢化が進み、65歳以上の高齢世帯が増加する

納車不透明でも頭金は2840万円!? テスラの『不都合な真実』(2018/01/09)

高額な「予約金」を必要とするなど「テスラ」の「問題」を取り上げた記事です。

ただし、「問題」はこの記事にもあって、冒頭に「充電設備が不充分」とあるのは明らかな間違いです。

テスラ専用の充電器「スーパーチャージャー」は全国に17カ所ありますし、さらに新潟など14カ所に増設中のようです。ただし、全国に17カ所では、いかにも少ないようですが、多くのところで1カ所に4つの充電器が備えられ、充電渋滞が起こらないように配慮されていますし、一回の充電で約500キロ走ることのできるテスラ車では、充電器間の距離が離れていても私のアイミーブの100キロよりははるかに安心です。

また、充電速度は遅くなりますが、全国に約7200カ所あるチャデモ規格の急速充電器にも対応していますから、ちょっと補充する分に日本中で困ることはありません。

その車の評価は、オーナーの生の声を聞いた方が良くわかるのではないでしょうか。

テスラオーナーの中村さんが10万キロ到達 〜 電気代・ブレーキパッド消耗・バッテリー劣化少なく(2018/01/09)

モデル 3の量産が順調にいっていないことは事実ですし、個人の意見としてテスラへの見方を書くことは自由ですが、「ベストカー」という車の専門誌なのですから、こと車の性能に関しての情報は正確に書いてほしいものです。


【ビデオ】テスラ「モデル3」が米国横断キャノンボールで電気自動車による新記録を達成!(2018/01/08)

↑このページのトップヘ