「電気自動車ニュース」は、EVオーナーズクラブ(EVOC)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

電池の話題を3つ

中国車載電池CATL、欧州生産「検討の最終段階」( 2018/05/16)

一つは、車載電池を作る中国の寧徳時代新能源科技(CATL)がヨーロッパに工場を建設するようだという記事です。

中でも注目したのは、電池の調達価格が「1キロワット時あたり100ユーロ(約1万3千円)以下」となるというところで、その結果「19年から量産を始めるEV「I.D.」を現行のエンジン車と同等の価格で販売」する見込みだそうです。

2009年頃初期の電気自動車は、車両価格の半分近くが電池価格だといわれたものですが、あれから約10年でエンジン車と同じ価格になるという、いよいよ「電気自動車の最終段階」が迫ってきたようです。

その電池は価格だけでなく、性能も飛躍的に伸びています。

2つ目の25万7千キロ走っても、テスラのバッテリー劣化は10%以下(2018/05/12)には、電池の劣化は気にならなくなっていると書いています。

私のアイ・ミーブMグレードでも8万キロで劣化は進んでいませんが、25万キロというデータが示すものは「劣化」の心配というものが過去のものとなるかもしれないということです。

ただし、これには「温度、充放電、セル間バランス調整」といったマネジメント技術があってのことで、それがないか、もしくはそれに対して甘い対応しかしていない電池では、「劣化」はつきものです。

また、同一規格といっても製品の「当たり」「はずれ」はつきもののようで、優れたマネジメント技術を駆使しているテスラの電池でも記事中のグラフを見ると、一部で平均よりも大きく離れた電池が存在します。
23
(画像:テスラのHPより引用) 

3つ目は、電池の性能改善に関する記事です。

リチウム電池、蓄電2倍に 豊橋技科大、赤リンを活用( 2018/05/19)によると、電極に「赤リン」を活用したところ、従来の黒鉛を使用した物と比べ、蓄電量は二倍に達したとしています。

単純にはいかないでしょうが、同じ電池で蓄電量が二倍になるということは、一充電走行距離も二倍近くになるということです。

このようにリチウムイオン電池の改良は日々進んでいるようですから、次ぎに期待される「全固体電池」の性能と価格がよほど秀逸で低価格でないと、量産が確立しているリチウムイオン電池には追いつけないかもしれません。

三菱 アウトランダー PHEV、英国の最量販電動車に(2018/05/15)

三菱『アウトランダーPHEV』が英国において、EVやプラグインハイブリッド車の中で最もよく売れたとする記事です。

記事では、よく売れたアウトランダーPHEVがすでに改良された物のように読むことができてしまいますが、あくまでも現行のアウトランダーPHEVでしょう。

アウトランダーPHEVのモデルチェンジは、2018年夏と公式発表されています。その2019年モデルでは、駆動用バッテリーの蓄電容量は、約15%増えて13.8kWhになるそうですから、EVでの走行距離がさらに伸びるのでしょうし、今後はプラグインハイブリッド車も電池容量を増やす方向ですすんでいくのでしょう。

これで充電時間は長くなるでしょうから、電気自動車ユーザーには影響が及ぶかもしれませんが、電動車が増えることはうれしいことです。なぜなら、私が発売当初のプリウスに乗ったとき、モーター始動のスムーズさに驚きましたし、このまま無音で走り続ければよいのにという思いを持ったことが、今の電気自動車へとつながっているからです。
 スクリーンショット 2018-05-16 11.09.17
(画像:三菱のHPより引用)

過疎地に移動GS、タンクローリーから給油実験(2018/05/15)

過疎化・人口減少などでガソリンスタンドの閉鎖がすすむ中、タンクローリーから直接給油する「移動式ガソリンスタンド」の実証実験を始めるという記事です。

いっそのこと、どこにでもきている電気で走る電気自動車にすればよいのにと思いますが、今あるガソリン車を買い換えるにしても電気自動車の新車は高いし、田舎に多い軽トラの代わりになるはずだった電トラ(ミニキャブミーブ・トラック)は生産中止になったしで、電気自動車が受け皿となり得ていないことが悲しい。
IMG_2925

cosmo8さんがコメントで「EVを取り巻く諸問題の解決をお願いする際に使う、書面の統一したフォーマット 、皆さんでアイディア出し合って作りませんか? 」との提案をいただきましたので、たたき台を作ってみました。

ご意見をいただき、修正の後、ここのブログに掲載します。
それを各ショップにあわせた文字に変更して印刷し、出していただくことで、より良い充電環境へと結び付くかもしれません。ご協力をお願いします。

(なお、これはあくまでも改善をお願いする提案であって、設置管理者などへの強要や複製を大量に送って業務を妨害することなどを意図したものではありません。送付や投稿される場合は、必ずご自身の名前などを添えて個人の責任でおこなってください)

1つ目は、複数充電器を設置するショッピングセンターで、ガソリン車が占領していた想定です。


2018年◯月◯日
充電器 管理者 様

電気自動車オーナー ◯◯ ◯◯

 充電器が設置してあるため、買い物に来店しましたが、ガソリン車が占拠しており残念ながら利用できませんでした。そこで、以下の対処を検討していただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

・10台分の充電器スペースのうち、せめて半分の5台分だけでも電気自動車 専用に確保していただくことはできませんか?

・電気自動車 専用を示すために、その場にカラーコーンなどの設置をお願いできませんか?

・カラーコーンなどを設置する場合、ガソリン車オーナーも駐車したくなる利用に便利な店舗の近くから置くと、コーンを移動されることもあるため、10台枠の遠くから置いた方がトラブルは少なくなると思われます。

連絡先
住 所:◯◯県◯◯市◯◯町◯◯
氏 名:◯◯ ◯◯
電 話:090-0000-0000
メールアドレス:◯◯◯◯@yahoo.co.jp
スクリーンショット 2018-05-19 8.18.32
2つ目は、2017年12月1日以降、ショッピングセンターに設置された普通充電器で、設置以前に発売されている電気自動車にもかかわらず充電できない車(10型11型アイミーブの対象車約4000台)があり、その不具合を改修してもらう想定です。(原案はkazutakeさん)

2018年◯月◯日
(★要望相手に応じて変更してください)
経済産業省(産業製造局)自動車課 様
次世代自動車振興センター 様
株式会社 日本電気(NEC) 様
株式会社 イオン 様

電気自動車オーナー ◯◯ ◯◯

 2018年度「充電インフラ整備事業費補助金」に係る以下の充電器で不具合が発生しています。早急に点検・改修を要望します。

  イオンモール◯◯◯◯が新たに増設したNEC製の200V普通充電器で、三菱アイ・ミーブ2010型及び2011型(Mode1)が充電器を利用する際、充電カードが認証されません。

 本件は、次世代自動車充電インフラ整備促進事業補助金交付規程の別表3の「利用者を限定しない」に抵触しています。

全国、約80か所余りに設置されたNEC製の普通充電器の早期の点検及び改善をお願いします。

次世代自動車充電インフラ整備促進事業補助金交付規程:
http://www.cev-pc.or.jp/hojo/pdf/hojo_hosei_koufukitei.pdf

連絡先
住 所:◯◯県◯◯市◯◯町◯◯
氏 名:◯◯ ◯◯
電 話:090-0000-0000
メールアドレス:◯◯◯◯@yahoo.co.jp 

テスラ、中国・上海に現法設立 単独出資で、EV生産(2018/05/14)

記事では、5月10日付で単独出資する「テスラ上海」が中国当局に正式に認可されたと伝えています。

テスラ 中国へ(2018/04/19)やテスラ 中国へ2(2018/05/07)で書いたように、規制緩和の一番乗りは、やはりテスラのようです。

新たに設立するとみられる巨大電池工場「ギガファクトリー」は、アメリカと同じようにパナソニックとの共同出資でしょうが、パナソニックは小型EV向けプラットフォーム(車載用電池やモーターなどを一体的なユニットとして)開発 18年度中に量産へ(2018/01/09)ともしていますから、パナソニックの部品が増えるのかもしれません。

生産が順調に進めば、中国の巨大市場へ電気自動車での参入を表明している日産やホンダ、マツダ、トヨタとの競合ははげしくなるのでしょう。 未来予想図 23
(画像:テスラHPより引用)

↑このページのトップヘ